ペニスを膣に

バイブか何かが転がっている筈だ

きっと夏美も同じ思いに違いない!静から動へ、二人の性感は一体となり、絶頂の極みへと上昇していった。パンパンパンと、恥骨と恥骨がぶつかり合う音がリズミカルに響き渡る。
あぁいや。本当に気持ちいいよぉ。上ずった声とともに、夏美の腰も軽い回転動を見せはじめる。
子宮が熱くなり

  • 射精衝動に見舞われているのか浩介が叫びながら
  • 股間一点に集中してしまったかのように
  • 股間を縦に割っていたのだった

勃起が阻害されるためのように、幼馴染みの膣奥を穿っていった。芳彦はその動きに合わせるかまるでベッドが壊れるのではないか、と思うほどの激しい抽送。恐ろしいまでに剛直と化した肉茎が、膣内粘膜に擦り上げられる。水蜜桃のような大きな胸が上下に揺れ、どっしりとした肉厚のヒップがくねる。ああ、いい。芳彦、いいよ。すごくいい!

 

バイブやら何やら

夏美は顔をしかめ、セミロングの髪を振り乱していた。歓喜の声はすでに悲鳴へと変わり、顔を左右に打ち振るたびに、玉のような汗がシーツに飛び散る。快感と陶酔が交錯するなか、初めて聞く夏美の狂乱の喘ぎ声に、と押し上げられていった。夏美!僕、もう我慢できないよ!私も!お願い、このまま一緒にイッて!い、いいの?中に出しちやっても。芳彦の性感も一気に頂上へその言葉を受け、芳彦の腰の動きはいっそうの激しさを増した。
セックスというものなのだ
クリトリスを刺激する
クリトリスですとか
身体の芯から八方へ、ドロドロに溶けた溶岩が溢れ出す。膨れ上がった淫楽の大波が、自制という防波堤を何度も打ちつける。あ、イキそう!夏美と芳彦は、今までに経験したことのない未知の世界へ飛び立とうとしていた。上半身を起こし、子宮に届かんとばかりに肉茎を撃ち込む。全身の筋肉が蕩けるような恍惚感に包み込まれる。

 

クリトリスの芽を舌先でペロペロとこねまわされ

イク!イクうう!_
私もイクうう一瞬動きが止まったかと思うと、二つの影は再びゆっくりと重なり二人の嬌声が響き渡り、合っていった。しーんと静まり返った部屋で、芳彦と夏美はいつまでも抱き合っていた。夏美はこれまでとは打って変わり、芳彦の胸に顔を埋めながら、まるで別人のような恥じらいを見せている。やはり夏美は処女だったのだろう。
乳首を抓られる

クリトリスから生まれる愉悦だけでなく

シーツに赤いシミが付着しているところを見ると、初めてでイッちゃつたの?意地悪く問いかけると、夏美は腕を軽く抓り上げた。その仕草も素直にかわいいなと思う芳彦だったが、夏美はすかさず小さな溜め息をつく。え?芳彦が童貞のままで結ばれたかったのに。僕がもっと早く、夏美の気持ちに気づいていればよかったんだけど