股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中

射精できるの

子宮に達してもきゃははははっ☆またってなんで?どうして?また家出してきちやった。解決したのだと思っていたが、またなにかあったのだろうか。だってさぁ、あの家にいても退屈なだけなんだもん。サリナは唇をタコのようにして、不満そうにしていた。退屈って、だけどなんていうかさ…やっぱアタシ、オジサンのとこで過ごすのが楽しくて。
クリトリスを充血させた

バイブレードを舐めなさい

なーんか癖になっちゃったみたいでさ、あははははっ☆。オジサン、アタシがまたここに来たの、イヤだった?そんなことはない、嫌ではないけどそかそか、そうだよねーでもどうやって部屋に…あっ!そそ。アタシここには二度と来ないなんて言ってないしい、合い鍵だってオジサンから預かったままだしいそう言って、悪戯っぽく舌をちょろりと出した。ペニスをどうすれば相手が悦ぶのかくらいは分か

挿入させたまま


その顔は実に楽しそうにも見え合い鍵ねぇねぇ、オジサン最近どうかな?サリナが少しニヤっと笑みを浮かべて聞いてきた。どうって、なにが?!サリナに確もしかしてと思ったが、さすがに決めつけて恥を掻きたくないので、認を取ることにした。身体のちょーしだよね身体のきゃはははっさまあちょっとだるいくらいで、悪くもないけどそれが?
フェラチオをしてもらうのも好きだ

ザーメンかけちゃっていいからあーああツ

下着姿を見た瞬間
んもわかってるくせにさんふふっ胸サリナは意味深に笑って身体をくねくねと動かす。クロスした両腕のせいで、の大きな膨らみが強調されていた。思わず鷲掴みにしたい衝動に駆られた。そうですね、だるい原因はなにかが溜まっているからでしょうねmほう
私も言葉を返しながら、サリナの様子を窺う。
膣口から溢れだしてき発達した肉びらが

尻を振りたて

アタシもなんか、だるいって感じなのよねつまり私と一緒だと?そそ、だから溜まってるものがあるってわけねサリナはそう言ってウィンクして見せた。アタシはかなり溜まってるんだけど、オジサンは?そりゃあ溜まってるに決まってるだろ。そか、ウレシーんふふっ…。言葉通り嬉しそうにして、誘うような笑みを見せるサリナ。
お尻を平手で叩きながらお尻を

ペニスを咥えてまれカウパーを吸いあげられる

下着姿をさらしているわけだから本来
私の股間はサリナとのセックスを期待して、すでに固くなり始めていた。パンツの中でペニスがひくひく動いているのがわかる。じゃあ決まりだよね。サリナが私を挑発するように、自分の手で胸を下から持ち上げて、揺らして見せもう私は我慢できない、あの日々の気持ちになっていた。濃いザーメンがひああツ!おおっ!ま、またんくっはぁはぁ。今日何度目かの射精サリナの膣と身体に精液を浴びせていたサリナに言われ、私は乳房を強く掴み、射精のとまらないペニスを引き抜いてい欲望の放出はしばらくして止まったが、