セックスと比べて自分のは

股間ががオマンコ見せるだけで事故は示談にでき

勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできたあん、そ、そんな、ああ、恥ずかしくて。か、堪忍、堪忍してぇ。ダメぇ、初夜はこうやって妻の全てを見つめることってのが家訓だからね、穴が開くほど見なそんな、お許しを、も、もう…堪忍を。それにね、見てるだけで濡れちゃうんだもん。葵だって、感じちゃってるってことだろ。
クリトリスを摩擦することになる

肉棒をしゃぶりながら

ああん、そんなこと、ないです、ああ、お許しを、旦那様。顔を両手で押さえながら、いやいや、と取り乱しながらも、私の目の前から逃げられません
でした。目の前に、ホンのわずか、数本の産毛よりも少しだけ太い毛が見えて、その先にある桃割れから、透明な液体がにじみ出ていたのです。そこにフッと、ワザと息を吹きかけます。甲高い声を一声はなったのと同時に、一気に粘度を増した蜜が、さらにトロッと溢れます。わ、一気にドッと出てきた。肛門にも容赦なく指を押し込み

ペニスから口を離した


出てくる、出てくる、と煽ると、恥ずかしさがさらに募るせいでしょう、みるみる、洪水になってきます。あんつー私は桃割れの外側に優しく手を置くと、くばーっと白い肉を広げてしまいます。あぁあぁぁ!悲痛かと思うほどの叫びには、思わず、舌先は、陰核をペロペロとなめ上げて、甘やかな香りが隠れています。私が口を付けると、少しばかりの磯の匂いが残るその場所は、ドッと露が溢れます。三回ペロペロしたら、グッと下側の入り口当たりまで顔を降ろして、ベーンと、舌全体で舐めてしまいます。
クリトリスを摩擦することになる

下着をお見せし

巨乳のナースは指一本ずつの責めをやめ
ああー旦那様、そ、そのような、あ、あう、ああーだめだめ、ほら、ジュル、ジュルジュル。はうん!ビクンと背中が跳ねました。お願いで、あうう、ございます、ああーそ、それ以上は、ああ、そ、それ、あう、それぇ、あっ突然、全身に力が入って、白い背中は、仰け反りました。ああい、いくう!自然と口をついて出てきた言葉でしょうか。素直にオルガスムスを告げながら、しなやかな裸身をヒクヒクと振るわせて、絶頂してしまったのです。
下半身を露出させた

下半身にたむき出しの秘裂をすぐ近くで見られて

強烈な絶頂に仰け反る間も、葵の強烈な意志は、夫の命じる家訓に背かぬよう、広げられたままでした。そして、ゆっくりと五つ数えるほどの間、全身に力が込められていたのが、一気に、ふ
わっと力が抜けてしまいます。もはや手で押さえることができませんが、力が抜けてしまった分だけ、その両脚は大きく広げたしどけない姿で、横たわることになってしまいます。ハア、ハア、ハア目も開けられぬほどの快感の残滓の中で、ただ、荒い呼吸をしている葵の両脚は、その曲げた膝ごと外に倒れて、広げられたままでした。ああ、旦那様、意地悪にございます。
尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

JKに分かるはずがないじゃろう

セックスが気持ち良いものだとは思えなかった
いつの間にか目に涙まで浮かべた葵が、涙ながらに、そう訴える顔は、いつもよりもさらに可愛く見えます。や、可愛かったよ。私は葵上にのしかかるように顔を合わせると、そうやって褒めながら髪の毛を撫でます。あんっ、あっ。優しく撫でる一方で、腰から下は別の人格として動いていました。あんっ、あ、ああ。微かに唇から甘いため息を漏らすのは、ニチャ、と先端をくっつけては離し、一度離してはまた、ニチャッと、少しずつ奥に入れていく動きのせいです。一度力が抜けてしまった両脚は、しどけなく広がったままですから、怒張は好き放題にくっつけられます。