子宮が熱くなり

マンコを舐めてもらって3

美少女が肉棒を深々と頬張っているのだ殴られでもしたような鋭い衝撃に、サトリの全身の毛が逆立った。すっかり濡れていたその膣肉は、乱暴な挿入に素直に反応する
あうっ!ひは、はっ、こんなのっ、キャゥッ!灼熱の肉棒が、何度もサトリの膣に突き入れられる。そのたびに、激しい快感が彼女の意識を埋め尽くした、英次様ひどいああううぅ!
熟女ブームだから

尻尾を掴んでやろうと思ったのだ

続いて引き抜かれた英次のモノが、予告もなしに櫻子の内部へと突き入れられたくふっ、はぁああっ、た、確かに、んうっ、キツイですわ、ね。白い左右の尻肉の間に出入りする肉棒を、まだ処女を卒業して間もない狭い膣が、押しつぶすような圧力で迎え入れる。味わいが異なる二人の膣を交互に貫いて、あウツーソンツーいや、ヤァッ!英次は頬をほころばせた。黒光るペニスに白く濁った愛液がまとわりつき、粘っこい滴りで腰と尻の間に糸を引く。乳首をころころと転がされ

痴漢集団に囲まれているぞ


股間から響く淫らでいやらしい音が、あたかも自分の内側に黒い情欲を湧き上がらせているようで、サトリは必死に首を振って抗った。やだ、やだツ、やソッ!ああんっ!だが、彼女が逃げるように前へ身体を乗り出しても、櫻子が許さなかった。ただ無様に手足をばたつかせるサトリを愉快な気分で見下ろして、英次は思う存分女の部位を蹂躙する。少しずつ太くなる肉径は、確実にサトリの深淵部を捉えて離さないもうすぐ、もうすぐ…射精する。今度こそ、射精してくれる。
股間がまだピクピクと蠢いている

オマンコ奴隷紫織の

ペニスの到来で解き放たれてしまったことは確か
無理やりに犯され、それでも英次を信じて充血した膣が、牡を求めて激しく収縮した。エクスタシーの波に飲まれ、サトリは櫻子の乳房に歯を立てる。蠢動する淫筒が生み出す疼きに声を上げ、しきりに腰を振る。あの青い光が無くても、自分はもう英次のモノなのだと、好き…、ああっ、好き?だいしゅきッ!唐突にサトリは理解した尻を突き上げ、
肉棒にすりすりとこすりつけられる頬の柔らかさ

チンポを踏んで下さいって

わたくしも櫻子の耳元に口を寄せながら、わたくしも…!そう声を上げる。そう声を上げる櫻子の中にも、英次が痕跡を刻んでいくざ気持ちをロにするたび、英次の分身から、僅かな雷撃の残滓が零れるのが分かる。膣奥で花開く感覚に怯えながら、淫穴を貫く肉茎と櫻子の乳房以外の感覚がサトリから失われ、悦楽の営みが全てになる。んでいくペニスから与えられる悦びが、彼女の肢体をさらに紅く染め上げる。それでも自ら尻を揺すって、サトリが一心に英次を貪る膨ら逃れることが出来ない甘美な拷問に!
下着·ド·5千円

亀頭が小さいぐらいか

中出しとかしたことなかったんですが
やがて、サトリの精神が弾けたもう少しで気持ちが通じるのだ、そう思えた瞬間、英次がうめいた。ドクッ、ドクッ!間を置かず、英次が全身を収縮させる。破滅の体液がサトリの中へ注ぎ込まれる。熱い迸りを感じ、サトリの肢体は満足げに震えた。ああ奥深くに射精の途中で引き抜かれ、サトリが切なげな声を上げる。子に凶器が突き立てられていた。ああっ、英次様…英次様あ精液が滴り落ちていく先では、櫻ドクッ、ドクッ!