尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

ペニスを手でいらってる

ペニスの先をこする弊害私が最初にその兆しに気そう言って、スク水の肩ひもを外そうとする。あわてたのは俺の方だなちょっと待て!さすがの俺も三回戦は無理だって!おい、いまさらそんなこと言うの?お、…?えぇーっ?なにそれ!とたんにエリカの表情がサッと変わり、猛然と抗議を始めた。だって、ボクまだエッチしてもらってないよ?
続いてつみきの画面に向かって話かけながらのフェラです

子宮を蝕んでいるのだ

みんなに先に譲って、せっか
のくボクの番だと思って、期待して待ってたのに!なんなの、それ?いいや…そうは言うがな…さすがに男の機能と言うものがなによ、へたれちぼーもう、こうなったら意地でも勃たせてあげるっ!エリカは俺の下半身に飛びつくと、うなだれた愚息を力まかせにしごき始めた。セックスなんて

ただしペニスの


エリカさん、無理を言ってはダメでしょう?そうだ、エリカ。残念だが、今日のところはあきらめた方がエリカはまるで聞く耳をもたなかった。クルミとツバキもとりなそうとするが、そんなこと言ったって、二人はたっぷりと心ゆくまでヌプヌプしてもらえて満足したじゃない!ボクはまだ全然!一回もイッてないんだよっ?まあ分からんではなかったが。エリカの怒りも、そうは言っても、三回目はちょっとできそうもない。
尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

セックスをするのだって夢じゃない引っかけてい

下着の中はすでに先走りの汁が溢れ
ごめんな、エリカ…また今度ってことにしてくれよ…。してやろうか?もうっっ。あ、そうだ。指で指なんかじゃなくって!ボクは本物でしたかったエリカは憤然と立ち上がった。そして、風呂場を飛び出そうとして、途中で立ち止まり、こちらに向かってアッカンベーをしてみせた。お兄ちゃんなんか、もう知らないっつっ!
夏祭りの夜、花火の下であのな、エリカ。
ペニスを突き立てた

子宮を締め付けるような苦しい快感の中で

こないだは、その…勉強会の始まる前に、そう切り出そうとすると。エリカはわざとそっぽを向いてはいはい、もう時間だし、お勉強始めなくちゃね。今日は社会だっけ?クルミちゃん、何ページから?などと話をそらしてしまう。いやさすがに、俺も悪いことしたなあ。とは思ってるんだ。あれじゃエリカが怒るのも、まあ無理はない。だが、謝るどころか、これではとりつく島もない。
肉棒を可奈子の口もとに突きつけた従順にうなず

お尻に触れます

フェラチオを促すように下腹部を少しだけ突き出
先生、何ボーッとしてるの?早く授業始めてよ。エリカはジト眼でこっちを見ているあ、ああ…それじゃ、前回の続きからな。えー、江戸文化の発達っと仕方なく、テキストを片手に授業に入るしかない。これはこれで、本来願ったりかなったりのはずなんだが。何だかなあ…。ギクシャクした空気に、思わず顔を見合わせるクルミとツバキだった。