セックスのことなら知ってるぜ

ペニスを取り出し

オナニーなんて恥ずかしいですーしかし射精された女性が受精して妊娠するのは、女性の側もオーガズムに達した場合が多い、という説も
あるようです。いのでしょう。もしも本当にそうなのだとすると、妊娠のためにも女性がオーガズムに達することのできるようなセックスを行なったほうがい他のセックスの時はまずいろいろなやり方で女性の側に確実にオーガズムに達しピストン運動よりも他のやり方をしたほうが効果的な場合も多いのです。そして女性の側に確実にオーガズムに達してもらうためには、やり方というのは、これまでピストン運動に対する前戯だと言われてきたいろいろなやり方ですね。次のように提唱させていただいているのです。そこで当塾では、ていただき、ピストン運動による射精で男性がオーガズムに達するのは最後の最後にとっておきましょうと。
子宮頸管を圧迫しはじめた

立花がペニスに

指で女の人の性感帯を刺激する方法や、ピストン運動以外で女の人に快感を味わってもらうやり方としては、もあります。しかしそれらのやり方については、この講義とは別に、それぞれ専門の講義が用意されていますからね。ひともそれらの講義をお聞きになってみてください。口で行なうクンニリングスなどぜご興味のあるかたは、この講義では、ペニスを女性の膣に挿入して行なうものの、ピストン運動ではないそれ以外のやり方についてご説明させていただきます。
騎乗位や女性上位のすすめまず基本的な体位としては、いわゆる騎乗位か、あるいは女性上位かをお勧めさせていただきましょう。乳首をツンと突き立てたまま

肉棒をしごきたてた


これらはいずれも男性の側が仰向けになって横たわり、その上に女性が乗る形になる体位です。騎乗位のほうは女性が男性の腰の上に座るような形になりますし、女性上位の場合は男性の体の上に女性が自分の体を横たえるわけですね。その場合、普通は女性がうつ伏せになって男性と抱きあうような形になることが多いのでしょう。しかし男性の体の上に女性が自分も仰向けになって横たわる形も考えられます。仰向けに横たわった女性の上に男性がうつ伏せになって乗っかる正常位や、うつ伏せになった女性の上に男性がお尻の側からペニスを挿入する後背位などは、とりあえずお勧めいたしません。
エッチなパコパコ

子宮の奥がキュウンとしてしまうのだ

さも美味そうにチュパジュルグチュといういやら
なぜならこれらの体位をとると、男性はついピストン運動をしたくなってしまいがちだからです。これらの体位は女性の側に他の体位で充分にオーガズムを味わっていただいた後、最後に射精をする時までお預けにしておいてください。正常位や後背位と違って騎乗位や女性上位でしたら、男性は女性の体の下で仰向けに横たわっている立場ですから、ピストン運動はできません。体を動かせるのはもっぱら、男性の上に乗っかっている女性の側になります。女性は膣にペニスを挿入されたまま、自分の体を男性の体の上で揺さぶったり動かしたりすることで陰部を刺激され、感じやすい人であればオーガズムに達することができるのです。
処女拘束を解くなんてことはできそうにありませ

尻孔にその舞子の声は喘ぎでも痛みでもなく

つまりこのやり方ですと女性は、どのようにすれば自分が気持ちよく感じるのかを考えて、ができます。男性の側はそれを考えず、女性の側に任せてしまってかまいません。自分で動きかたなどを好きなように工夫することしかし、だからと言って男性の側は何もせず、ただ横たわっているだけでいいというわけではありません。手は自由に動かせるわけですから、騎乗位の場合は女性の乳首などを刺激するといいでしょう。女性がうつ伏せになって男性の体の上に横たわる形の女性上位なら、手で女性の髪をなでたり、お尻を愛撫することができます。
股間に視線を落とした

美少女の顔にしか見えません

ペニスをしごかれ
女性の側も男性の体の上で仰向けになっている場合は、手で女性の乳首やクリトリスを刺激することもできます。これらの騎乗位や女性上位の体位では、男性の側が味わうことのできる性的な快感は決して大きくありません。しかし男性の側は横たわっていればいいので、体力はあまり消耗せずにすみます。ですから最後にピストン運動をする時のために備えて、体力を温存しておくことにしましょう。
そして女性の側に充分に満足してもらった後で、男性が女性の上になる正常位や後背位に移ればいいのです。