ペニスにはすぐさま固い芯が生まれる

股間にはまだ

ペニスが淫らに首を振って生々しくうねるやめてきゃっ黄色い悲鳴を上げて俺に押し倒されるひかり白い陶磁器のような柔肌を包んでいる黒の下着に手を掛ける。年に似合わない高級そうな下着が音を発てて破れていく。一瞬、後で弁償請求されるかと言う考えが過ぎったが、いずみへの慰謝料があるから無視しプルンとして現れた胸大きさは、あちらのいずみと同じくらいで、ピンク色の乳首が男としての本能を刺激してくとても、あん数日前までは元男だとは思えないほどの柔らかくも肌理の細かい肌だ吸い付くような感触を手の平に味わいながら、それを揉む。やさしく、その形を楽しむように表面を撫で、時には荒々しく、その柔らかさを楽しむようにこねる
オマンコを調べてやる

愛撫されクリトリスを

あん、あん、あん--いい、いいよ、出雲君。もっと揉んで、激しく揉んで胸を揉む手に激しさが増した。床の上で嬌声を上げ出すひかりに俺の気持ちは高揚していき、い、いずも、出雲君。なんだ?胸を揉む手を止めずに訊ね返すわ、ボク、男としては数え切れないほどセックスをしてるけど…女としては初めてなんだよ。や、優しくしてくれないかな?全身真っ赤にして訴えるひかりだったけど、それが逆に俺の中の僅かな残虐性に火を付けた。こいつをいたぶり尽くしたい。処女の風情が男の欲望をそそる

熟女の好ましい体臭が匂い


ドロドロとした黒い感情が俺を支配していく。そんなに欲しければくれてやるよ!痛い、痛い、痛いって、出雲君!しょ、知るか。お前が望んだんだろ。ショーツを剥ぎ取り、無理矢理腰のモノを突き刺す。処女だから、もっと優しく。女になったばかりのひかりの膣道は狭く、まだ貫通していない様だった。
愛撫しあう

巨乳をモミモミと揉んだ

尻に緑色の染みをつくった
そんな膣壁を裂く様に俺は自分の逸物を突っ込んでいく。女になる痛みに耐えきれないのか、涙をボロボロと流し出すひかり。それでも悲鳴を上げないようにか必至に口を閉ざしている。その顔が余計に俺の残虐性を擽ってくれた。こんなのやだよ。こんなのっていやだ!こんなのを味わいたくてボクは女になったんじゃない!
クンニリングスという愛しかた

股間には厚く包帯が巻かれていた

涙交じりに訴え身を捩ろうとするひかりだが、その身体を押さえつけ構うことなく俺は蹂躙していくズンズンとひかりの身体を突く。、ぐっはぁ…、ぁぁン。んぐう苦痛に歪んでいたひかりの口から嬌声が上がりだす。慣れてきたのか、ああはんあん。凄い、凄いよ。俺のピストン運動に併せて大きな胸を前後させながらよがりだすひかり。きつかった膣はいつの間にか丁度良い締め付けに変わり、俺のを離さないとばかりに伸縮を繰り返している。
クリトリスをなめろ

セックスをすることはないと言っていた

お尻の外で膨らませるのよう
それがまた気持ち良すぎて、腰の動きに切れが増す。あん、はん、ああん、凄い、凄いよ。女の身体って凄いんだね。胸も尻も、身体の全てが、胞の全てが出雲君を感じているよ。熱い、熱いよ。出雲君のが熱くて、溶けそうだ。細
ああ、凄い。その女を感じるように前後に腰を振る。はぁん、んはぁ、あ女としての始めての性交に、喘ぎ、乱れ、身体を振るわすひかり。

オマンコを調べてやる

オーガズムに達した瞬間だった

あぁぁ夏美はペニスをしごき倒すかのよ亀頭がブワッと大きく膨らむ。強靭な芯を蓄えた肉胴がびんびんとしなるードにふと視線を送ると、夏美は芳彦の顔を仰ぎ、いまだ真剣な表情でじっと見つめていた。つぶらな瞳、艶のあるバラ色の唇。愛くるしい顔立ちは、芳彦の性感を一気にレッドゾーンへと飛び込ませる。あ、あだめだよ。イクつ、イッちやう。

乳首を柔らかく吸い上げていく

やや前屈みになりながら放出の瞬間を訴えると、夏美はペニスを胸元にグッと引き寄せ、さらに苛烈なスライドを試みた。柔らかい指が、雁首を強烈に擦り上げる。今度は左手のひらが、陰嚢を転がすように撫で上芳彦は腰を前後にガクガクわななかせると、深奥部に溜まっていた欲望の証を一気に解ききゃっ!-鈴口から放たれた樹液が一直線に跳ね上がり、夏美の顎から頬へと打ちつける。二陣目はさらに夏美の頭を飛び越えるかのように舞い上がり、三陣目、四陣目は首のあたりで流線型の不可思議な模様を描くように翻った。

 

尻に皺は浮いていなかった

頭のてっぺんから爪先まで痺れるような、著しい快美が突き抜けていく。夏美は相好を崩さないまま、いまだペニスを右手でしごきながら、芳彦の顔に視線を留めてすべすべした頬や唇の端に、濃厚な精液が付着し、ゆっくりと滴り落ちてくる。芳彦は間断のない喘ぎ声を発しながら、夏美の顔を虚ろな目で見下ろすばかりだった。
第三章美少女の隠された、濡れる秘唇翌日から新学期が始まり、初日の始業式のあと、二日目からはさっそく授業が開始された。まだ残暑が厳しく、じっとしていても汗が滴り落ちてくるような熱気が教室内にも立ちこめている芳彦は国語の授業中、二日前の風呂場での出来事を思い出していた
挿入したらもう男の娘のお尻で

ピストンとローター男性が最も勘違いしていると

まさか、夏美からあんなエッチなことされちやうなんて。のぼせて幻影でも見ていたんだろうあの日、射精した直後、夏美はすぐさま桶で浴槽のお湯を掬い、芳彦の身体へ何度も浴びせそして素っ気なく、のであるもうあがって。と、ひと言だけ言い放つと、プイと横を向いてしまった芳彦は呆気に取られながら浴室を後にしたが、夏美は風呂からあがったあとも何事もなかったかのように平然とした顔で接し、さらに必要以上に世話を焼くようになっている。夏美って、ホントに訳がわからないよ。すごく優しい態度を見せたかと思えば、急にキツいことを言い出したり。

オナニーをしまくるに決まってますよ

あの手コキだって、いったいどういうつもりでしてくれたんだ?昔から気分屋な女の子だったが、いくら考えても夏美の心の内を理解することはできなかっそれでも胸の奥に何か詰まっているような甘い痛みとともに、浴室の出来事を思い出していると下腹部がモヤモヤしてくる。ひょっとすると、頼み込めばまたしてくれるんじゃないかな?芳彦は、斜め前方の座席に座る夏美をチラリと見遣った。浴室のときと同様、真剣な表情で国語教師の話を聞きながらノートをとっている。

股間に導いていった

ペニスにはすぐさま固い芯が生まれる芳彦が喉をゴクリと鳴らした瞬間、窓の外からホイッスルの音が聞こえてきた。窓の下にある屋外プールで、スクール水着を着た生徒たちが、準備体操を始めている。稲垣さんだ!学園のマドンナである莉奈の姿を真正面に捉えた芳彦は、思わず目を見張った。ばっちりとした二重瞼、すっとした鼻梁、品の良さそうなあえかな唇。背中まで伸びた髪は手入れが行き届いているのか、水泳キャップの中に忍ばせていたが、ような黒い艶を発している。

尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

ペニスを手でいらってる

ペニスの先をこする弊害私が最初にその兆しに気そう言って、スク水の肩ひもを外そうとする。あわてたのは俺の方だなちょっと待て!さすがの俺も三回戦は無理だって!おい、いまさらそんなこと言うの?お、…?えぇーっ?なにそれ!とたんにエリカの表情がサッと変わり、猛然と抗議を始めた。だって、ボクまだエッチしてもらってないよ?
続いてつみきの画面に向かって話かけながらのフェラです

子宮を蝕んでいるのだ

みんなに先に譲って、せっか
のくボクの番だと思って、期待して待ってたのに!なんなの、それ?いいや…そうは言うがな…さすがに男の機能と言うものがなによ、へたれちぼーもう、こうなったら意地でも勃たせてあげるっ!エリカは俺の下半身に飛びつくと、うなだれた愚息を力まかせにしごき始めた。セックスなんて

ただしペニスの


エリカさん、無理を言ってはダメでしょう?そうだ、エリカ。残念だが、今日のところはあきらめた方がエリカはまるで聞く耳をもたなかった。クルミとツバキもとりなそうとするが、そんなこと言ったって、二人はたっぷりと心ゆくまでヌプヌプしてもらえて満足したじゃない!ボクはまだ全然!一回もイッてないんだよっ?まあ分からんではなかったが。エリカの怒りも、そうは言っても、三回目はちょっとできそうもない。
尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

セックスをするのだって夢じゃない引っかけてい

下着の中はすでに先走りの汁が溢れ
ごめんな、エリカ…また今度ってことにしてくれよ…。してやろうか?もうっっ。あ、そうだ。指で指なんかじゃなくって!ボクは本物でしたかったエリカは憤然と立ち上がった。そして、風呂場を飛び出そうとして、途中で立ち止まり、こちらに向かってアッカンベーをしてみせた。お兄ちゃんなんか、もう知らないっつっ!
夏祭りの夜、花火の下であのな、エリカ。
ペニスを突き立てた

子宮を締め付けるような苦しい快感の中で

こないだは、その…勉強会の始まる前に、そう切り出そうとすると。エリカはわざとそっぽを向いてはいはい、もう時間だし、お勉強始めなくちゃね。今日は社会だっけ?クルミちゃん、何ページから?などと話をそらしてしまう。いやさすがに、俺も悪いことしたなあ。とは思ってるんだ。あれじゃエリカが怒るのも、まあ無理はない。だが、謝るどころか、これではとりつく島もない。
肉棒を可奈子の口もとに突きつけた従順にうなず

お尻に触れます

フェラチオを促すように下腹部を少しだけ突き出
先生、何ボーッとしてるの?早く授業始めてよ。エリカはジト眼でこっちを見ているあ、ああ…それじゃ、前回の続きからな。えー、江戸文化の発達っと仕方なく、テキストを片手に授業に入るしかない。これはこれで、本来願ったりかなったりのはずなんだが。何だかなあ…。ギクシャクした空気に、思わず顔を見合わせるクルミとツバキだった。

股間に視線を落とした

バイブレーターを使うなんて

アアツ、お腹のなかとけてくよぉ…。身体を揺するたび、かき混ぜられたザーメンが雷撃を放つ。精液ではちきれそうな子宮が上げる悲鳴さえ、麗子にとっては悦びだった。牡は何度も脈打ち、腹の奥から麗子を淫らに染め上げる。女体が悶えるたびに体液が逆流し、白濁色の粘液が接合点からどろどろと溢れ落ちる。
股間に視線を落とした

  • ペニスを抜き取りコンドームを外してから
  • ペニスで思いきりあそこを突いてくれないの
  • 射精感がこみ上げた

素人物のAVを観ればすぐわかるのだが太ももを伝い落ちる陵辱液の感触に、麗子は悦びの声を上げ続けた。もっともっとぉ…。さらなる射精をねだって、麗子が尻を小刻みに揺らす。ビッチと呼ばれながら、ただひたすらに尻を踊らせていた。
エピローグ恋愛促進法。検証会議結局、現生徒会と真生徒会の合併は、粛々と了承された。合併後の新生生徒会は、生徒会長·三賀敷サトリと副会長·秋津島櫻子が確定それ以外の役員は、会長と副会長が協議して選出することになった。

 

ペニスをはさんだ手を小刻みに振るようにするわ

生徒会顧問には斉藤静穂が任命されたが、これが一番のサプライズ人事と言われた。そして、新生生徒会が最初に提案する校則案、それはもちろん通称恋愛促進法。なのだっそれで、どうして俺の家で生徒会の会議を行うんだよ…一足先に自宅へと戻った英次は、自室の壁掛け時計を見ながら考えた。集合時間まで、あと三十分ぐらいあるそう思ったのが間違いだった。面倒だからと途中で服を脱ぎ始め、上半身裸で脱衣所に向かう。えっ?
肉棒を可奈子の口もとに突きつけた従順にうなず
勃起を優しく包み込み
海外サイト用の素人物の
何故か脱衣所に先客がいた。神崎英次ッ!かつ、なななな、何故ここにいるツー。エプロン姿のサトリが立っていた。いや、それを言いたいのは俺の方だか…ら?その姿、何かおかしくないか?白いエプロンがサトリの身体を覆っているが、白と肌色、あたらなかった。何を言っている。何もおかしいところなどない!そして彼女の髪の黒以外の色が見そう言いながら、サトリは英次に対して正面を維持しつつ、とする。

 

亀頭でのどをふさがれ

あからさまに、おかしいところだらけだった。おい、背中に何かついてるぞ?嘘?どこどこ?カニ歩きで脱衣場を脱出しようサトリは素直で可愛いな、と英次は再認識した。彼女が英次に背中を向けると…そこについていたのはクロスしたエプロンのリボンだけ六--六は、裸エプロンかよ?-サトリが慌てて向き直る。コレは…英次の叫びに、顔が耳まで真っ赤になっていた。
股間はぐんぐんと大服--さわさわと前部分を擦

拘束されている

いっ、いや、ばくばくとサトリは口を開閉するが、なかなか言葉が出てこなかった。今は昼食の準備がある!サトリは逃げるように背を向け、キッチンに向かおうとする。細い腰と白いお尻、そして背中で揺れるエプロンのリボン。サトリの肢体は今朝も抱いたばかりだったが、このアングルは新鮮だった。カッと、英次の下腹部が熱くなる。

股間へと注がれていた

下着をジョキジョキと切り裂いて投げ捨てた

谷川は舌に力を込め棒のように固くし、舌先は少し脇道にそれ、の腰骨を突くやめて、くすぐったい。そ今度は、矛先を、平坦部の真ん中に移し、へその周りを舐めとり始ナオミが身をよじらす。めるこの窪地も創造の神秘というしかない。さに匹敵し得ようか。アラブの舞姫とて、このナオミの細長い窪みの美し谷川は、ナオミの甘い香りに酔い痴れながら、夢中で舌をはわし、何度もナオミのへそのくぼみに差し入れた。しまいには、やめて、痛い!と、またナオミの手に押しのけられてしまった。
怒張したペニスが

膣道は狭い

ペニスを突き立てた美帆は

谷川は、少し冷静さを取り戻した。ナオミを誘う時、いと、何度もメールで約束したことを思い出したのだ。なったら困る乱暴なことはしない、ナオミの機嫌を損ね、恐いことはしな会ってくれなく谷川はおとなしくへそから退却し、さらなる未知の領域に進出することにした。まず、恥毛の密林に顔をうずめ、大きく息を吸い込む。ナオミが浴室で使ったに違いない、ソープのにおいがしたが、さらに思念をこらすと、ソーブの香りの奥に、確かにあの谷川がかぎなれた懐かしい香り-ナオミのメスの部分を思わせるあの香り-があった。


セックスだったら
セックスだったら

股間でしこしこと

牧瀬は後ろから美千子を抱き寄せペニスを谷川は母なる故郷に帰ったかのように、をはせた。その場に憩い、かすかなメス臭をたどりつつ、思念ふだん制服に身をつつみ、親や教師の手前、おとなしく勉強をしているふりをしているであろうナオミは、どうしようもなく成熟の途上にあるのだ。このメスの匂いこそは、その証左だ。このにおいのゆえんを突き止めることができるのは、ナオミの下着を丁寧に観察し続けた、この俺しかいない。谷川は、地道なフィールドワークを重ねた末に、た学者のように、己の努力に勝手に酔いしれた。
下着はつけていないペニスがムクムクと勃起して苦労して学会に研究論文を発表し賞賛を得谷川の重みが苦になるのだろう、しばらくするとナオミが腰をもぞもぞとずらし、重みを振り落とそうとする谷川は、さらに退却するだが、ナオミの形のよい二本の足は力を込めてぴったりと閉じられていて、秘仏を拝観できる手はずはまだ整っていない。そこで谷川は、多少遠回りをして外堀から攻め、のちに本丸攻略へと立ち返ることにした。舌をももに、這わせるナオミが力を込めているものだから、なかなかナオミのももは、柔らかくならない。ももの前、ももの脇を言い、谷川の舌はどうか扉を開けてください。と呼びかける。舌をさらに下方に這わせ、ひざ頭、そしてすねやふくらはぎにも口づける。

乳首を皆さんの歯で

ひざからドが、やたら長い現代っ子の体型に、谷川は感心する。そして、ふくらはぎにも、
全く余分なぜい肉はない。感だ複雑な方程式が、一つの余剰を出すことなく、きれいに解けた爽快なぜ神は、ナオミにだけ特別な方程式を与えたのだろうか。川には絶対に割り切れない醜怪な方程式を。そして、同じ人間とはいえ、谷谷川は、ナオミの足先に舌を這わせた。
股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中


処女ならではの幼さを残した薄い縦の谷
処女ならではの幼さを残した薄い縦の谷

滝尻王子宮の背後をぐるりと取り巻くように急な

ナオミが、びくっとして足先をひっこめる。谷川は執拗に追いすがり、足指と足指の間に舌を割り入れる。ナオミが、また足をひっこめる。ついに谷川は、ナオミの足を捧げ持ち、親指を口に含んでねぶりはじめた。いや、きたない。ナオミが哀願するような声をたてるだが今度は谷川は、やめなかった。ナオミが嫌悪している。それが谷川を歓喜させた。ナオミの嫌悪は、やがて谷川への蔑みに変わるであろう。

ペニスとイボだらけの

乳首をとらえると

セックスに溺れた

ああんツーそれツーふぁソーそれだからはああツ!クリに擦りつけてないであふッ早くオマンコにぶっ刺してえ!焦らすように亀頭で肉芽を擦ると、サリナは堪らなくなったように叫んだ。興奮してペニスを膣に突き刺し、そのまま腰を前進させるああツーきたッ、チンポきたッぶっとくてイイッ!

射精感とともに吐きだされた圧倒的な量の精液は

ふぁッこんなに太くしてたなんて…ああツどれだけ興奮してはぁはぁ…。んくツ、ふぁああツーめちゃ膣でペニスの大きさを感じて、サリナは早くも甘い声を出していた。言葉責めをしている間も、カウパーが垂れるほど出ていたので、すぐにペニスを前後させて私は快感を貪るサリナがいやらしいからこうなるんだ。ああんツーいきなり動いてオジサンがやらし1んでしょ…-ああツ!

 

バイブレーターを入れられて

めちゃすごいのああんツーなんでもうこんなに…んんツ!最初から激しく動いたことに、サリナは興奮しながらも驚いていた。サリナが欲しくて、しかたなかったからだろ。コ広がっちゃう!サリナの乱れた様子で、あひいツ!ペニスはかなり肥大し、膣がいっぱいな状態になってい
亀頭で肉びらの間をまさぐる

すでにさっきからエレクトしていたペニスを

私は腰をぐいぐい振って、亀頭の先で奥を掘り起こす。はぁはぁ、コレがいいんだろ。イイッ!オジサンのおチンポイイーふぁッ!もっと突き刺してぇーあツー。はああ膣の行き止まりを摩擦されて、サリナは喚くように喘いで私に求めてきた。それに応えるように、ペニスを深く突き入れるんんツ!奥に刺さったぁーくあッ!

射精してくれる

子宮におチンポ刺さってるぅ!はあおおっ!いくらでもやってやる。あひいツ!うれしいツーああんツ、気持ちイイのぉ!そ、そこんふッオマンコの気持ちイイところおチンポでひっかけてえ!はぁぁッし感じるポイントをカリを使って擦ると、サリナはよがり狂う。んひああツーそれえツ!それがイイッ!

ピストン運動で相手の女性の側は必ずしも

肉棒を可奈子の口もとに突きつけた従順にうなずおじしゃんしゅごいツし快感と興奮のあまりかろれつが回らないサリナ。そんな様子が私の欲情を煽る。愛液が大量に染み出し結合部から溢れ出しているのが見えた。力強く腰を振って、ペニスの先を子宮口にぶつけていく。ああツーおじしゃ、すごツーんああツ!おちんぼおでおばんご突きまぐってるう!ああツーしぎゅうにこずりつけてるぅ!きゅうきゅう締め付けじやうツ!