子宮が熱くなり

マンコを舐めてもらって3

美少女が肉棒を深々と頬張っているのだ殴られでもしたような鋭い衝撃に、サトリの全身の毛が逆立った。すっかり濡れていたその膣肉は、乱暴な挿入に素直に反応する
あうっ!ひは、はっ、こんなのっ、キャゥッ!灼熱の肉棒が、何度もサトリの膣に突き入れられる。そのたびに、激しい快感が彼女の意識を埋め尽くした、英次様ひどいああううぅ!
熟女ブームだから

尻尾を掴んでやろうと思ったのだ

続いて引き抜かれた英次のモノが、予告もなしに櫻子の内部へと突き入れられたくふっ、はぁああっ、た、確かに、んうっ、キツイですわ、ね。白い左右の尻肉の間に出入りする肉棒を、まだ処女を卒業して間もない狭い膣が、押しつぶすような圧力で迎え入れる。味わいが異なる二人の膣を交互に貫いて、あウツーソンツーいや、ヤァッ!英次は頬をほころばせた。黒光るペニスに白く濁った愛液がまとわりつき、粘っこい滴りで腰と尻の間に糸を引く。乳首をころころと転がされ

痴漢集団に囲まれているぞ


股間から響く淫らでいやらしい音が、あたかも自分の内側に黒い情欲を湧き上がらせているようで、サトリは必死に首を振って抗った。やだ、やだツ、やソッ!ああんっ!だが、彼女が逃げるように前へ身体を乗り出しても、櫻子が許さなかった。ただ無様に手足をばたつかせるサトリを愉快な気分で見下ろして、英次は思う存分女の部位を蹂躙する。少しずつ太くなる肉径は、確実にサトリの深淵部を捉えて離さないもうすぐ、もうすぐ…射精する。今度こそ、射精してくれる。
股間がまだピクピクと蠢いている

オマンコ奴隷紫織の

ペニスの到来で解き放たれてしまったことは確か
無理やりに犯され、それでも英次を信じて充血した膣が、牡を求めて激しく収縮した。エクスタシーの波に飲まれ、サトリは櫻子の乳房に歯を立てる。蠢動する淫筒が生み出す疼きに声を上げ、しきりに腰を振る。あの青い光が無くても、自分はもう英次のモノなのだと、好き…、ああっ、好き?だいしゅきッ!唐突にサトリは理解した尻を突き上げ、
肉棒にすりすりとこすりつけられる頬の柔らかさ

チンポを踏んで下さいって

わたくしも櫻子の耳元に口を寄せながら、わたくしも…!そう声を上げる。そう声を上げる櫻子の中にも、英次が痕跡を刻んでいくざ気持ちをロにするたび、英次の分身から、僅かな雷撃の残滓が零れるのが分かる。膣奥で花開く感覚に怯えながら、淫穴を貫く肉茎と櫻子の乳房以外の感覚がサトリから失われ、悦楽の営みが全てになる。んでいくペニスから与えられる悦びが、彼女の肢体をさらに紅く染め上げる。それでも自ら尻を揺すって、サトリが一心に英次を貪る膨ら逃れることが出来ない甘美な拷問に!
下着·ド·5千円

亀頭が小さいぐらいか

中出しとかしたことなかったんですが
やがて、サトリの精神が弾けたもう少しで気持ちが通じるのだ、そう思えた瞬間、英次がうめいた。ドクッ、ドクッ!間を置かず、英次が全身を収縮させる。破滅の体液がサトリの中へ注ぎ込まれる。熱い迸りを感じ、サトリの肢体は満足げに震えた。ああ奥深くに射精の途中で引き抜かれ、サトリが切なげな声を上げる。子に凶器が突き立てられていた。ああっ、英次様…英次様あ精液が滴り落ちていく先では、櫻ドクッ、ドクッ!

愛撫しあう

人妻のペニスに導いた

なんだ、本島マネージャー·また間違えちゃっているのかなプレイが変わるんだけど、ごめんね、説明が足りなくて。訊き返す浩平告102作品目は少し三人の間にわずかだが緊張感が走った。引くに引けない雰囲気になっていた。だから涼子は。いえ、大丈夫です。やってみます。ありがとう、ほんと助かります。じゃー、裸になって、ベッドに上がって仰向けになってください。

お尻を突きだすんだ

それと、はじめてのことで、驚いたり、恥ずかしかったりしたら、そのまま表現してかまいません。そのほうがリアリティーがあって、見る人が興奮するかええ。その説明を受けて、涼子はほんの少し不安になった。でも、こんな人が良さそうな二人が、変なことするわけないわね。涼子は心の中でそう呟き自分に納得させた。

 

股間に顔を近づけた

浩平と正也は共に42歳、どちらも落ち着いた感じの優しい風貌だった。元美容師だから話し方や、物腰もガテン系とは真逆の感じだ。さすがにAV男優をしているから、ナヨッとはしてないが、かといってオラオラ系でもない。二人とも真面目で正直そうな印象だ。見た目と性格は。きり述べ、浩平は黄色い夢。
フェラチオに熱中する

セックスしたいわけじゃないんだ

の社長をしているだけあって意見をはっ顔のパーツも派手で二枚目タイプだ。姿勢や服装がきちんとしていた。一方の正也は気が利いて、スポーツが得意なお兄ぃーさん的な存在に思えた。そして二人共、年齢よりかなり若く見える涼子の目にはそんな感じに二人が映っていた。涼子は浩平の指示通り、バスローブを脱ぎ、ベッドへ上がって仰向けに寝た。すると正也が三脚の上の二台のビデオカメラの録画スイッチをONにして、ハンディーのビデオカメラを肩に担いで、左手の親指を立て、OKサインを浩平へレフ板がLEDに照らされて白く輝き。

ペニスに軽い疼きは覚えるのだが

その光が涼子の隅々まで浸透する。真っ白なシーツの上でも肌理の細かい肌が強調された。それは先ほど湯に浸かった効果でもあった。36歳の涼子は、正也のビデオカメラのファインダに、た。妖艶でお利口そうな奥様。まさにそれだった。

ペニスの先を

愛撫させながら最高の熟し加減で映っ
涼子さん、大の字に手足を開いてください。涼子はその浩平の声に冷たさを感じた。いままでとは少し違う。言われた通りに四肢を広げる。すでにさっきのシーンで全裸でオナニーをしているから、恥ずかしさはそれほど感じない。じっと浩平の動作を見守っていた。浩平へ真っ赤な色のロープが飛んでいった。して、投げつけたのだ。

尻臭を嗅ぎ分ける芸だった

乳首を噛んだり吸ったりしていた上等兵は

いかにもはにかんだ顔つきで、真朝は言った。
こうやって脚を閉じているところを見ていただくだけでも、とっても恥ずかしいんですけど。でもワタルさんに愛撫のしかたを練習していただくためには、それだけでは駄目なんですよね。ちゃんと私が脚を開いて、股の間を見ていただかないと。そう言って真朝はベッドの上に腰をかけ、恥ずかしそうなそぶりを見せながらも股を開いてくれたのだ。
セックスと比べて自分のは

オマンコ狂いを見て

恐れ浴槽をオッパイや

陰毛の茂みの奥の陰唇が、私の目の前に姿を現した。なんだか真朝が私に対して脚を開くと同時に心も開いてくれたかのように思えて、とても嬉しく感じられる。それでは最初に、まずクリトリスを指で愛撫するやり方から練習していただきます。恥ずかしさを隠そうとしてか、ことさら教官口調に戻って真朝が言った。そして彼女は指で自分の陰毛をかきわけ、クリトリスを露出させたのだ。その上で真朝は、言葉を続ける。


股間に装着された真帆は甘い声を上げて悶えた
股間に装着された真帆は甘い声を上げて悶えた

肛門のまわりにも柔らかい毛が生えている

セックスの能力を奪われたのは半年前ご覧のように私のクリトリスは今、なかば皮をかぶった状態ですよね。この場合、皮をむいてしまった方が感じやすくなります。クリトリスの上の恥丘のこのあたりに手や指をあて、上に引っぱるというのか押し上げる感じにしてください。そのためにはそう言いながら真朝は自分でクリトリスの皮をむいてみせた。しかし、皮をむきながら真朝は注意をつけたす。
股間はぐんぐんと大服--さわさわと前部分を擦下着を見られて隠そうともしなかったなただし皮をむかれたクリトリスは、とても感じやすくなってしまいます。指の先などで愛撫する時に力を入れすぎてしまうと、気持ちよさではなくて痛みを感じてしまいますからね。最初はごく軽く触れるだけにして、相手の女性の反応を確かめてください。相手がもっと強い刺激を求めているようだったら、もう少し力を入れて愛撫してみてもかまいません。でも相手の女性が痛がるようなら、すぐに力を抜いてくださいよ。

乳首まで露わになっているのだ

そして真朝は、さらに説明を続けた。それからクリトリスは乾いた指で触れられると、痛みを感じがちですからね。クリトリスを指で愛撫する時は、してからにしてください。それじゃあちょっと、実際にやってみてもらえますか。えぇと、じゃあ失礼させていただいて。
子宮が収縮して


突然始まったゆうこちゃんのフェラ
突然始まったゆうこちゃんのフェラ

ピストン抽送法のほうが気持ちいいと感じて

指の先を女性の愛液などで濡ら
女性器を指で愛撫そこで私は、まず言われたとおりに自分の指を真朝の愛液で濡らすことにする。真朝の膣の入り口に指の先で触れると、そこはすでに愛液でじっとりと濡れていた。おそらく先ほどまで私が真朝の全身や乳房を愛撫してい愛液が分泌されるようにするためもあったのだろうた時に、愛液が分泌されていたのだろう。今日の教習の最初に前回までの復習をしたのは、充分に濡れたと思える指先で、私は真朝のクリトリスに触れた。ええ、そうです。

ペニスにからみついてくる

膣内粘膜が上下左右から

挿入したわけです

最寄駅が被ったらセックススレ、なんてあからさまなものも早速最寄りを書き込むと近所らしい人からレスが付いたのですがチキンな桜井は貴重な出会いチャンスをスルーしてしまいました…。が、このスレはほぼ確実に出会えそうなので次はチャレンジしてみたいと思います☆しかし、それよりもアツいのは雑談系のスレ、盲点でした。JCが立てたスレでは雑談の果てにメアド交換にまで発展していてここまで欲望に向かってひた走るオッサンをキモいと思いながらもすごいと思わずにはいられませんでした。だって、出会い系サイトで18歳未満とやり取りしたら違法ですもんね。そもそもサイトの利用が禁止だから。
熟女らしい使い込んだ色のラビアが醜く覗いてい

調教したい

チンポをわたしの

そのうちこんな夢の広がる出会い系話もエロ話の合間にちょこちょこお届けしようと思います89口内射精は姫初めに入りますか?涙。ザーメンに振り回される今日この頃の桜井です、こんにちは。チンコの数だけマンコもある、最近強く思います。よく短小包茎。なんて男性器を揶揄する言葉もありますが短い事より小さいことより細いことより重要な事がありした。チンカスが溜まりやすいか否か。サイズ云々はズボンの上からでもある程度把握できます。


肉棒をまたぎ
肉棒をまたぎ

乳首を舌で舐めまわす

お尻に入れたり出したりしてんつい興奮して腰のけれどチンカスの溜まりやすさまでなど、どうすれば把握できようか外で、車で、ホテルで。突如訪れるフェラチオ要求がどこでされるかだなんてぶっちゃけ桜井でも分かりません、はい。と笑顔で応えたものの、差し出されたナニの皮を剥く時凍りついた表情をするだなんて、野暮天極まりないこと。ノンシャワーフェラチオはある種ギャンブルの領域だと最近悟りました。ハメた後のお掃除フェラ。よりもノンシャワーでフェラチオ要求。の方がお掃除度はMAXです。
股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中ペニスを感じただけでメロメロになってしまった性的ギャンブラー桜井は、きっと明日こそは勝てるだろうと身悶え朝日を待つ。そんな毎日です。禁欲失敗の桜井です、こんにちは。性欲が消失したままのセックスは私的になんとも味気のないものでした。ただ、一発やってやっとこ年が明けた気持ちでいっぱいです。チンコの力って偉大だなあ!先日新宿秘宝館。とやらに行ってきました。

人妻亀頭部にチュッ

家畜人ヤブーまんほな世界のSFI/-人形と中二階に展示されている人体秘部の蝋人形は日常のA-セックスしてぇーセフレ欲しいわぁー。なんてダルダルな欲求をぶっ飛ばしてくれるインパクトです。特に蝋人形のチンコは白人ダブルサイズ、最早異形。チンコを形容するのに使う言葉かどうかはさておき端正なチンコマンコが沢山並んでました。
ペニスを膣に


股間がヌルリとしている
股間がヌルリとしている

膣壁がキューッと指にまとわりついてきた

ただ、たまにいるんですよね、異様に端正ででかいチンコの持ち主。2年ほど前に遭遇したんですがあれは出会いたくなかった。俺はいきなりケツの穴に突っ込むのが好きなんだぜぇとローションなんて知ったことかと言わんばかりに突っ込まれ当時都内某所のSMクラブでケツマンコをフルに使っていた私が泣き入りました。2日間の流血+2週間ケツが痛いままと結構なダメージを食らいクラブでは指名客を奪われるという憂き目にあったリ。まだ初詣に行っていない方は奥ゆかしき日本古来の御神体。

アナルの周りをぬらぬらと徘徊させた

股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中

射精できるの

子宮に達してもきゃははははっ☆またってなんで?どうして?また家出してきちやった。解決したのだと思っていたが、またなにかあったのだろうか。だってさぁ、あの家にいても退屈なだけなんだもん。サリナは唇をタコのようにして、不満そうにしていた。退屈って、だけどなんていうかさ…やっぱアタシ、オジサンのとこで過ごすのが楽しくて。
クリトリスを充血させた

バイブレードを舐めなさい

なーんか癖になっちゃったみたいでさ、あははははっ☆。オジサン、アタシがまたここに来たの、イヤだった?そんなことはない、嫌ではないけどそかそか、そうだよねーでもどうやって部屋に…あっ!そそ。アタシここには二度と来ないなんて言ってないしい、合い鍵だってオジサンから預かったままだしいそう言って、悪戯っぽく舌をちょろりと出した。ペニスをどうすれば相手が悦ぶのかくらいは分か

挿入させたまま


その顔は実に楽しそうにも見え合い鍵ねぇねぇ、オジサン最近どうかな?サリナが少しニヤっと笑みを浮かべて聞いてきた。どうって、なにが?!サリナに確もしかしてと思ったが、さすがに決めつけて恥を掻きたくないので、認を取ることにした。身体のちょーしだよね身体のきゃはははっさまあちょっとだるいくらいで、悪くもないけどそれが?
フェラチオをしてもらうのも好きだ

ザーメンかけちゃっていいからあーああツ

下着姿を見た瞬間
んもわかってるくせにさんふふっ胸サリナは意味深に笑って身体をくねくねと動かす。クロスした両腕のせいで、の大きな膨らみが強調されていた。思わず鷲掴みにしたい衝動に駆られた。そうですね、だるい原因はなにかが溜まっているからでしょうねmほう
私も言葉を返しながら、サリナの様子を窺う。
膣口から溢れだしてき発達した肉びらが

尻を振りたて

アタシもなんか、だるいって感じなのよねつまり私と一緒だと?そそ、だから溜まってるものがあるってわけねサリナはそう言ってウィンクして見せた。アタシはかなり溜まってるんだけど、オジサンは?そりゃあ溜まってるに決まってるだろ。そか、ウレシーんふふっ…。言葉通り嬉しそうにして、誘うような笑みを見せるサリナ。
お尻を平手で叩きながらお尻を

ペニスを咥えてまれカウパーを吸いあげられる

下着姿をさらしているわけだから本来
私の股間はサリナとのセックスを期待して、すでに固くなり始めていた。パンツの中でペニスがひくひく動いているのがわかる。じゃあ決まりだよね。サリナが私を挑発するように、自分の手で胸を下から持ち上げて、揺らして見せもう私は我慢できない、あの日々の気持ちになっていた。濃いザーメンがひああツ!おおっ!ま、またんくっはぁはぁ。今日何度目かの射精サリナの膣と身体に精液を浴びせていたサリナに言われ、私は乳房を強く掴み、射精のとまらないペニスを引き抜いてい欲望の放出はしばらくして止まったが、

クリトリスを舌の先で上下や左右に舐めるやりか

乳首がこんなに

そんなに嬉しそうに身体を震わせて…もしかして私にフェラされるかもって想像してる?私のお口マコで、このかっちかちのチンポを食べられちゃうかもって想像しちゃった?そ、それは…その。七生姉のお口では既に味わっているんでしょ?あの気持ちよさを、もう一度味わえるとしたらどうかしら?な…。あの…あれをもう一度
股間を隠そうとしますが男に手を取られてその美マンをバッチリ確認されてしまいます

  • 挿入しやすい体勢へと変わる
  • フェラに勤しんでいた
  • 射精までノンストップで擦ってあげる

ペニスが左右に細かく震えるそんな、あんなこともう二度とするわけには1そう言うわけにはいかないの。先生は媛神に選ばれた存在だから、男の娘のお口マコとは絶対に相性がいいはずなの。その運命からどうせ逃げられないし、いっそのこと私のお口マー楽しんじゃったほうがいいと思う。もし先生が望むなら、たっぷりサービスしてもいいけど?ああ、囁き声が脳に響いてくる…んくぅっ!か、身体の興奮が止まらないっ!

 

膣内に流れ込む感触はクセになってしまいそうな

クスクスこんなにチンポ震わせて、先生ったら、もうたまらないんだ。いいわ、先生が望むなら、私のお口をチンポ搾り専用に使わせてあげる。でも、私のお口って凄いから、そのうち私にお口マコしてくださいってお願いするくらいまで、頭の中トロトロになっちやうだろうけどそ、それもいつもの勘が?いいえ単なる事実よ。先生も本当は解ってるんでしょ?わ、解ってるって…何がだよ先生のチンポは男の娘に責められると…、とっても弱いってこと
尻臭を嗅ぎ分ける芸だった
オマンコを見られたくないのか
尻をくねくねと動かした
くっそ、それは確かに、あれはもう自分が壊れそうなくらい気持ちよかった。だが…あの雰囲気に流されるわけには。怖い?男の娘にハマっちゃいそうで?でもだめ、約束どおり私のお口で遊ばせてもらうからね…ふふ…。や、やめっ…。うむぅむちゅう、じゅるうはああっしじゅるるつ、くちゅう、むうつ、じゅるるっ!な、何だこれえくちゆうーじゅるううつーはむぅん、はぁっん、むちゅっ!

 

股間を愛撫する

ち、違う七生さんの口と、ぜ、全然違うう!ああ、こ、これえーこれえっ!か、身体の昂ぶりが止まらないつっ!すぐに射精ほでもっていかれそうだっ!ちょっ!ちょっと待ってああっしはむぅうつーん、じゅるるっ!はんんっ、む、じゅるるっ!じゅるるうっ!あぁああっ!まさかこいつ…ぜ、全然聞いてないっ!
セックスというものなのだ

オナニーは中止

はあん先生のチンポォぐううっ!オチンポすごいい!どんどん、舐めたくなるう…。か、感じているのか?ああ…俺の肉棒をフェラして、男の娘が感じているなんてぇこ、このまま吸われていくう!お口にチンポ入れられて、夢中になっちゃうぅやばい!はむう!はあ、オナホール男の娘になっ
ちゃうっしぅぁああっ!

セックスと比べて自分のは

股間ががオマンコ見せるだけで事故は示談にでき

勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできたあん、そ、そんな、ああ、恥ずかしくて。か、堪忍、堪忍してぇ。ダメぇ、初夜はこうやって妻の全てを見つめることってのが家訓だからね、穴が開くほど見なそんな、お許しを、も、もう…堪忍を。それにね、見てるだけで濡れちゃうんだもん。葵だって、感じちゃってるってことだろ。
クリトリスを摩擦することになる

肉棒をしゃぶりながら

ああん、そんなこと、ないです、ああ、お許しを、旦那様。顔を両手で押さえながら、いやいや、と取り乱しながらも、私の目の前から逃げられません
でした。目の前に、ホンのわずか、数本の産毛よりも少しだけ太い毛が見えて、その先にある桃割れから、透明な液体がにじみ出ていたのです。そこにフッと、ワザと息を吹きかけます。甲高い声を一声はなったのと同時に、一気に粘度を増した蜜が、さらにトロッと溢れます。わ、一気にドッと出てきた。肛門にも容赦なく指を押し込み

ペニスから口を離した


出てくる、出てくる、と煽ると、恥ずかしさがさらに募るせいでしょう、みるみる、洪水になってきます。あんつー私は桃割れの外側に優しく手を置くと、くばーっと白い肉を広げてしまいます。あぁあぁぁ!悲痛かと思うほどの叫びには、思わず、舌先は、陰核をペロペロとなめ上げて、甘やかな香りが隠れています。私が口を付けると、少しばかりの磯の匂いが残るその場所は、ドッと露が溢れます。三回ペロペロしたら、グッと下側の入り口当たりまで顔を降ろして、ベーンと、舌全体で舐めてしまいます。
クリトリスを摩擦することになる

下着をお見せし

巨乳のナースは指一本ずつの責めをやめ
ああー旦那様、そ、そのような、あ、あう、ああーだめだめ、ほら、ジュル、ジュルジュル。はうん!ビクンと背中が跳ねました。お願いで、あうう、ございます、ああーそ、それ以上は、ああ、そ、それ、あう、それぇ、あっ突然、全身に力が入って、白い背中は、仰け反りました。ああい、いくう!自然と口をついて出てきた言葉でしょうか。素直にオルガスムスを告げながら、しなやかな裸身をヒクヒクと振るわせて、絶頂してしまったのです。
下半身を露出させた

下半身にたむき出しの秘裂をすぐ近くで見られて

強烈な絶頂に仰け反る間も、葵の強烈な意志は、夫の命じる家訓に背かぬよう、広げられたままでした。そして、ゆっくりと五つ数えるほどの間、全身に力が込められていたのが、一気に、ふ
わっと力が抜けてしまいます。もはや手で押さえることができませんが、力が抜けてしまった分だけ、その両脚は大きく広げたしどけない姿で、横たわることになってしまいます。ハア、ハア、ハア目も開けられぬほどの快感の残滓の中で、ただ、荒い呼吸をしている葵の両脚は、その曲げた膝ごと外に倒れて、広げられたままでした。ああ、旦那様、意地悪にございます。
尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

JKに分かるはずがないじゃろう

セックスが気持ち良いものだとは思えなかった
いつの間にか目に涙まで浮かべた葵が、涙ながらに、そう訴える顔は、いつもよりもさらに可愛く見えます。や、可愛かったよ。私は葵上にのしかかるように顔を合わせると、そうやって褒めながら髪の毛を撫でます。あんっ、あっ。優しく撫でる一方で、腰から下は別の人格として動いていました。あんっ、あ、ああ。微かに唇から甘いため息を漏らすのは、ニチャ、と先端をくっつけては離し、一度離してはまた、ニチャッと、少しずつ奥に入れていく動きのせいです。一度力が抜けてしまった両脚は、しどけなく広がったままですから、怒張は好き放題にくっつけられます。

熟女らしい使い込んだ色のラビアが醜く覗いてい

42年も欲求不満に耐えてきた熟女を

こういうときのエリカってのは、だいたいロクでもないことをたくよな早くも嫌な予感がしまくりの俺だった。
はじめてのレッスン翌日家庭教師のバイトをするべく、さっそくエリカの家に向かう俺だった。考えてみたら、誰かに勉強を教えるなんてのは初めての体験だったが。まあ相手はあのエリカだしな。こっちも気楽なもんだ。エリカの家は、コンクリートの壁に囲まれた、なかなか立派な造りだ。お屋敷と言っても差し支えないくらいのレベル。

肛門にそんなものを入れられるのは嫌だった

とは言うものの、このあたりは割りとこんな家ばっかり建ち並んでるので、ここだけさほど目立つというわけでもない。海洋考古学者ってのは、そんなに実入りがいいのかね。そういえば、なんか海外で講演会がどうとか、英語圏では本が売れてるとかなんとか聞いたような気もするまあ、んなこたーどうでもいい。すぐにインターホンからはあい!と元気のい玄関のチャイムを鳴らすと、いエリカの声がした。恭介お兄ちゃん?ああ。玄関のロックがカチャッと外れる音がした。どうぞ、入って!んじゃ、お邪魔します。ごうしゃ勝手知ったる他人の家。

 

肉棒が脈打って私を待っていました

さっさと中に入る俺はライオンのノッカーが付いた豪奢なドアを開け玄関先には、相も変わらず白いセーラー服を着込んだエリカが立っていた。いらっしゃい、お兄ちゃん!…あのさ、前から気になってたんだけど、ひとつ聞いていいか?いいよ、何?おまえんちの学校の制服、セーラー服だったか?違うよ?これはただのコスプレ。コスプレあれ、知らない?コスプレっていうのはね、コスチューム·プレイの略
で…。どアホウ!そんなこと聞いてるんじゃねでもないセーラー服なんかわざわざ着てるんだって聞いてるんだっ!
セックス接待だ

確かにフェラや

なんでおまえが、学校の制服思わず怒声を発してしまう。するとエリカは、あっけらかんと答えた。決まってるじゃない。サービスだよ。サービスう?うん。お兄ちゃんが好きだろうと思って。な、な、な、何をおまえは、こ、こ、こ、根拠もなくそんなことを、を、をお兄ちゃんて分かりやすいね。

下着姿になりバストや

いいんだよ、恥ずかしがらなくても。エリカ知ってるんだ。お兄ちゃん、セーラー服とかブレザーとかブルマとかスク水とかそういうJK制服ぽいの大好きでしょ。エリカは急に小悪魔じみた顔つきになった。ち、ち、ち、違う。そ、そ、そ、そんなことは断じて。もう、いまさらそんな嘘つかなくてもいいんだよ?

下着に手を掛ける

尻臭を嗅ぎ分ける芸だっただって、お兄ちゃんがレクションしてる美少女ゲーム、みぃんなそういうのばっかりじゃん?あとPCの画像フォルダに貯めこんであるやつを見たのか!アレを!いつのまに!うそ急に目の前が真っ暗になった。おまえには、たしなみとか、禁忌とか、そういう概念はないのかだって、お兄ちゃん、PCに鍵とか全然かけてないんだもん。無用心だよね。

下着はつけていない

美少女の尻は

クンニリングスをされて瑠璃子が感じ入った喘ぎ当然のようにエリカは純白セーラー服のままだった。おまえの苦手な教科はどれなんだ?英語、かな?ま、それで、ん-と、
英語ね。それだけか?んー、数学もあんまし得意じゃない…かな。社会とか理科は大丈夫なのか?えへへホントのこと言うと、そのへんも苦手…。国語は?
股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中

下半身に生まれた

古文とかがちょっと…いや、全然…それはつまり、五教科は全滅ってことじゃないのか。そうとも、いうかな…はは眼をそらしつつ、ポリポリと頬をかくエリカ。思わず、ハーッとため息が漏れた夏休み中になんとかなるといいな…そうだねぇ、あはは…ひとごとみたいに笑うなよ。おまえのがんばり次第だとゆーとるんだ亀頭を露にし

肉棒を押しつけてきたのだ


ううっ…が、がんばりますさすがのエリカも、がっくりとうなだれた。はい、じゃあ気を取り直して。まずは英語から行こうか。とりあえず学力を確かめようと、英語の基礎問題集をやらせてみたところが。案の定と言うか、エリカは十分もしないうちに飽きて、ダレてしまった。おいちょっと早すぎるだろ。もうちょいがんばれよ。分かんないとこだらけなんだもーん。そりゃそうだろ。それだけおまえがサボってたってことなんだから。つまんない、つまんない!
子宮が熱くなり

亀頭のいちばん感じやすいエラで痛みを覚えるほ

女子高生で賑わっていた
エリカは、両手両足をピーンとのばして、抗議のポーズをとった。いくらなんでも、もう少しくらいは真面目に勉強させないと、さすがにバイトを引き受けた手前、アイカさんに申し訳が立たない。じゃあさ、お兄ちゃんがボクの言うこと聞いてくれたら、真面目に勉強してあげる。エリカはとんでもないことを言い出した。おまえの勉強を見てやろうっていうんだぞ。なんで交換条件なんか

股間に当てたままだ

クリトリスや膣を

言うこと聞いてくれないんだったら、もう勉強なんかしないもん。エリカはブーツとふくれつらをして、こ、こいつは。そっぽを向いた。思わずキレかかった俺だったが、ここでこいつの機嫌を損ねると、だが待てよ。ちょっと面倒だな…。と思い直した。じゃバイト代もらうのさすがに、も気が引けるし。
オナニーが画面一杯に映っているのは変わりがな

尻がさもたまらなさそうに

射精を受けながら
一夏かけて全然成績が上がりませんでした、俺は冷静になって、自分に言い聞かせた。こいつはまだ子供なんだ。なんだかんだ言っても。だったら、大人の俺としては、ちょっとくらい子供の我がままにつきあってやるべきかも知れない。そうしないとラチがあかないし。よし。あきらめはついた。じゃあ、言うこと聞いてやるよ。ただし一回だけな。え、ホント?わーい!さっすがお兄ちゃん。話が分かるう!とたんにエリカの顔がパーッと明るくなった。で、何なんだよ?

子宮が収縮して

亀頭がブワッと大きく膨らむ

唾液の潤滑油をたっぷり含ませた柔肌君江は乳房に添えていた手に力を込めると、さらなる反復運動を繰り出した。どう?気持ちいい?気持ちいいです。そんなに激しくされたら、いいのよ。イッちやって。イッちゃいます。前回と同じく、しれない。君江は1回放出させてから、このあとの情交を目一杯楽しむつもりなのかも芳彦の射精願望は急カーブを描きながら、悦楽の白い稲妻が何度も全身を貫き、へと昇りつめていった。一気に頂点左右の乳房が互い違いに揺すぶられ、怒張が激しく揉み込まれる。
股間へと注がれていた

クンニリングスの体勢になった

痴漢が好きってことはほら

グマが、怒濤のように射精口へと向かう。腰の奥底で滾る欲望のマ会陰を引き締めて堪えようにも、溶解してしまうような快楽だ。そんなものはまったく役に立たない。まるで全身の筋肉がヌッチャニッチャという猥音を聞きながら、芳彦はバストの谷間から精液を一直線に迸らせきゃっ!-一発目が君江の顔を掠め飛び、二発目は顎をしたたかに打ちつける。


股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと
股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと

お尻を叩かれたら

美少女からの返答を待ったそして続けざまに111発、四発と間欠させると、人妻は苦笑混じりの言葉を放った。いやだわ、相変わらず凄い量ね。まあ慣れてくれば、もっと射精をコントロールできるようになると思うわ。君江のセリフを遠くで聞きながら、芳彦は心地いい射精感に酔いしれていた。人妻の秘芯を指で責めている最中、性感度数も相当高まっていたようだ。芳彦は大きな息を一つ吐くと、ようやく全身の筋肉を弛緩させた。やっぱりまだ勃ってる。
オマンコを調べてやるペニスが跳ねかえった君江が側にあったティッシュ箱を引き寄せながら、を見下ろした。含み笑いを洩らすと、芳彦は自身の股間大量射精したという実感はあるのに、ペニスはいまだ臨戦態勢を保っている。いや、気持ちが落ち着いてくると、まだ放出し足りないという感覚さえ覚えてしまう。我ながら呆れ返るほどの性欲だ。芳彦が気怠そうに上半身を起こすと、君江はティッシュで胸に飛び散っていた精液を拭いな
がら問いかけたどうする?インターバルを置いたほうがいいかしら?ふふっ。

オマンコを見せた

その様子だと、このままいけそうね。芳彦君のおチンチン、もうビンビンだもの。君江は丸めたティッシュを床に放り投げると、四つん這いの体勢になり、ヒップを向けた。後背位は、男の人が一番征服願望を満足させられる体位らしいわよ。そのまま芳彦にそう言いながら、セクシーな人妻は再びスカートをウエストまでたくし上げ、ヒップを左右にくねらせる。まろやかなどうやら君江は、情交の段になっても、芳彦にリードさせる腹づもりのようだ。
ペニスにはすぐさま固い芯が生まれる


ペニスを濡らしている蜜を指にすくって
ペニスを濡らしている蜜を指にすくって

股間は見せつけるように高く掲げられ

豊臀の割れ目の下から覗く二枚貝は、誘うようにひくつき、いまだ妖しく濡れ光っている。その光景を見た芳彦の性感は、早くもレッドゾーンへと飛び込んでいた。鼻息を荒らげながら歩み寄り、がっしりとしたヒップに両手を添える。ペニスの切っ先を濡れそぼった窪みに当てがう。はンっ゜そこよ結合の瞬間を今か今かと待ちわびているよ肩越しに様子を窺う人婪の瞳もしっとりと潤み、うだった。

愛撫を受けているときのような切なげな表情に満