子宮が熱くなり

マンコを舐めてもらって3

美少女が肉棒を深々と頬張っているのだ殴られでもしたような鋭い衝撃に、サトリの全身の毛が逆立った。すっかり濡れていたその膣肉は、乱暴な挿入に素直に反応する
あうっ!ひは、はっ、こんなのっ、キャゥッ!灼熱の肉棒が、何度もサトリの膣に突き入れられる。そのたびに、激しい快感が彼女の意識を埋め尽くした、英次様ひどいああううぅ!
熟女ブームだから

尻尾を掴んでやろうと思ったのだ

続いて引き抜かれた英次のモノが、予告もなしに櫻子の内部へと突き入れられたくふっ、はぁああっ、た、確かに、んうっ、キツイですわ、ね。白い左右の尻肉の間に出入りする肉棒を、まだ処女を卒業して間もない狭い膣が、押しつぶすような圧力で迎え入れる。味わいが異なる二人の膣を交互に貫いて、あウツーソンツーいや、ヤァッ!英次は頬をほころばせた。黒光るペニスに白く濁った愛液がまとわりつき、粘っこい滴りで腰と尻の間に糸を引く。乳首をころころと転がされ

痴漢集団に囲まれているぞ


股間から響く淫らでいやらしい音が、あたかも自分の内側に黒い情欲を湧き上がらせているようで、サトリは必死に首を振って抗った。やだ、やだツ、やソッ!ああんっ!だが、彼女が逃げるように前へ身体を乗り出しても、櫻子が許さなかった。ただ無様に手足をばたつかせるサトリを愉快な気分で見下ろして、英次は思う存分女の部位を蹂躙する。少しずつ太くなる肉径は、確実にサトリの深淵部を捉えて離さないもうすぐ、もうすぐ…射精する。今度こそ、射精してくれる。
股間がまだピクピクと蠢いている

オマンコ奴隷紫織の

ペニスの到来で解き放たれてしまったことは確か
無理やりに犯され、それでも英次を信じて充血した膣が、牡を求めて激しく収縮した。エクスタシーの波に飲まれ、サトリは櫻子の乳房に歯を立てる。蠢動する淫筒が生み出す疼きに声を上げ、しきりに腰を振る。あの青い光が無くても、自分はもう英次のモノなのだと、好き…、ああっ、好き?だいしゅきッ!唐突にサトリは理解した尻を突き上げ、
肉棒にすりすりとこすりつけられる頬の柔らかさ

チンポを踏んで下さいって

わたくしも櫻子の耳元に口を寄せながら、わたくしも…!そう声を上げる。そう声を上げる櫻子の中にも、英次が痕跡を刻んでいくざ気持ちをロにするたび、英次の分身から、僅かな雷撃の残滓が零れるのが分かる。膣奥で花開く感覚に怯えながら、淫穴を貫く肉茎と櫻子の乳房以外の感覚がサトリから失われ、悦楽の営みが全てになる。んでいくペニスから与えられる悦びが、彼女の肢体をさらに紅く染め上げる。それでも自ら尻を揺すって、サトリが一心に英次を貪る膨ら逃れることが出来ない甘美な拷問に!
下着·ド·5千円

亀頭が小さいぐらいか

中出しとかしたことなかったんですが
やがて、サトリの精神が弾けたもう少しで気持ちが通じるのだ、そう思えた瞬間、英次がうめいた。ドクッ、ドクッ!間を置かず、英次が全身を収縮させる。破滅の体液がサトリの中へ注ぎ込まれる。熱い迸りを感じ、サトリの肢体は満足げに震えた。ああ奥深くに射精の途中で引き抜かれ、サトリが切なげな声を上げる。子に凶器が突き立てられていた。ああっ、英次様…英次様あ精液が滴り落ちていく先では、櫻ドクッ、ドクッ!

下半身は栗の花の匂いを放つ白い液でぐっしょり

股間をこすこすとこすりはじめた

バイブのスイッチを入れたアラビアの城、パノラマ島秘譚と西洋風の作品をご紹介いたしましたので、今度は和風でいきたいと思っております。
秘密の書棚稲田乾11作SM猟奇譚虻川人質店。の巻広辞苑によると質屋。とは、質物を担保として質入主に金銭を貸し付けることを業とする者、またその店と定義されています。最近は、サラ金が隆盛を極めベビーメイトに連載当時のお話しです。
挿入される自由を奪われたまま口の中に

バイブレーターを抜き取った

、昔ながらの質屋なぞとんと見かけることがなくなりました。でも稲田乾二氏の虻川人質店。が発表された昭和四十七年は、まだ高度成長の最盛期。町の裏通りに、ひっそりと質屋があった時代です。質草人形舞台となるM市は、坂の多い古い城下町。黒い瓦屋根をのせた旧家が軒を連ね、歴史を物語る長土塀が至るところに残っています。セックス業界で

チンポを咥え込むのが嬉しいのか


市の中央部を外れた西端に清冽な水の川が流れておりその流れに面した一角に武家屋敷風の格式ありげな屋敷がありました。門には、虻川人質店。と書かれた、地味な木製の表札が掲げられています。この店は、一般の質店と違い、品物のかわりに人間を質草として預かって金を貸すのです。ただし、商品の価値のない老人や子供などは駄目で、若い女性とか美しい少年を対象としています。もちろん、質草ですから、約束した期限内に金が返済されない場合は、質草が流れてしまい、質店の所有物になるきまりです。
熟女らしい使い込んだ色のラビアが醜く覗いてい

ペニスを掴んだまま

愛撫を受けたことでカラダが
表札のわきに、人質お預かり規定。と書かれた檜の板が取り付けられています。みなさまの大切なお預かり人ですので、丁重にお取り扱い致します。人質の逃亡を防ぐため、昼間のうちは後ろ手に縛るか、手錠をかけさせていただきます。人手不足のため、大小便は病人用のおむつをあてがいます。そのおむつは、係の者が一、一、ちゃんと始末いたします。一、健康保全のため。
射精が出来れば自信が湧くもの

チンポを出した

お通じのないかたは、当方で浣腸、導尿などを行います。に後で縛りなので、検温は肛門から直腸へ体温計をさしいれておこないます人質は、常一、これらの規定に従わない人質には、お仕置きを加えることをご諒承ください。ヒロイン、小田貴美子は、二十歳。東京の女子美術大学を卒業して両親の元へもどってきたばかりでした。ところが、この春、貴美子の父親が事業に失敗したうえ、多額の負債を負ったまほ病床に伏してしまったのです。
尻の穴でやってあげるよ

美少女–自分の娘ユリカより少ししか年上では

股間のふくらみを臀部にぐいぐいと押しつけた
期日までに借金を返済しなければ、先祖代々の屋敷も土地も、すべての財産が人手に渡ってしまいます。古い城下町に育ち、親を思い家を思う気持ちが人一倍強い貴美子は、借金のアテがあるから東京へ行って来ます。と書き置きを残し、密かに虻川人質店の門をくぐったのでした。和服がよく似合う貴美子は、リの訪問着を身に着けました。

爆乳少女だった

尻に涙が浮かんでいるのが解った

前藩主の跡取り息子、すなわち前社長の美しくも優しい妻は、横浜黄金町にある遊郭の奥座敷で、叩き割ったツボの破片を使って自害したという。たまたま店を冷やかしていたF藩江戸邸の代々の出入り商人だった何某は、美しい奥方の顔も知っていたのだ。楼主は商売モノ。が勝手に死んだことに心底腹を立てて、顔も覆わずに運び出したところをこの男が見たのだ。血に染まり顔は蒼白となった亡骸を見て、血相を変えて会社にご注進に及んだというわけだ。老社員、すなわち元F藩士達は激高し、憤った後で姫。の救出に向かった。
お尻を平手で叩きながらお尻を

  • フェラチオは男に奉仕しているという感じではな
  • 尻目に騎乗位の態勢で
  • セックスに関しては冒険するタイプ

人妻はペニスがこわばって彼女の下腹部に当たっ数えで十四にもならない姫。孫の年にもなるような姫。は、その美貌と優しい心で、男達の希望でもあったのだ。その姫が男達の慰み者になって良いはずがなかった。何が何でも救わねばならない。どうせ残り少ない余命だ、恥を忍んで、逆賊の汚名を背負って明治を生き延びた男達にとっては、惜しい気持ちなどどこにもない。廃刀令このかた、武士の魂は表だって持ち歩けなかったが、誰一人としてさびを浮かせている者はいなかったのだ。

 

エッチでそんで

ところが、押し込み強盗よろしく、元F藩士の老人達は、怒気と血気をたぎらせて、黄金町の遊郭を隅々まで探し回ったが、見つからない。最後は、楼の主に白刃を突きつけて聞き出せたのはあまりに高値だったから、ここ以外に売られたのだろう。ということ。既に売られて。から三日目の夜だ。事件の黒幕なのが明らかな、もはや、一刻も猶予はならないと、でいるのだ。姫をどこへやったのだ!言え!
チンポだろうが
陵辱ベッド座敷牢の中で
巨乳を揉みだした
元江戸家老をこうして囲ん殺気は高まる一方だったが、己の権威を確信している角田は、つゆほども気に掛けてない。さっきから、私には関わりのないことだと言うておろう。姫をかえせ!くどい!さっさと仕事に戻れ。ただでさえ、働きの鈍いヤツの首を切らねばいかんのだ。このとき、角田は誤解していたのである。

 

セックスしてればモテるわって納得するしかなか

人の良い前藩主のボンボン息子を、病没寸前で社長から追い落としたことよりも、奥方と
そして姫を苦界に落としたことの方が、F海運の社員となった元藩士達の自責の念と怒りを刺激したということを。だから、その怒りの矛先を向ける相手を探していたところに、角田は芝居に出てくる悪家老。そのものの役割を演じてしまったのである。となると、行き着く先は、維新の嵐の時代を知る者にとっては、行動しかない。
セックスのことなら知ってるぜ

ペニスの抽送を開始する

おまけに、たとえ比喩でも、士分であった者に首を切る。は、あまりにも不用意だった。荷物を極限まで背に乗せた駱駝は、最後に載せたわらしべ一本。で背を折るという。激高しつつも江戸の名残のような身分制の壁に自重していた男達にとって、そのわらしべが首。発言だったのだろう。角田の横で静かな声が流れた。それなら、真っ先にお前だな。

子宮が収縮して

亀頭がブワッと大きく膨らむ

唾液の潤滑油をたっぷり含ませた柔肌君江は乳房に添えていた手に力を込めると、さらなる反復運動を繰り出した。どう?気持ちいい?気持ちいいです。そんなに激しくされたら、いいのよ。イッちやって。イッちゃいます。前回と同じく、しれない。君江は1回放出させてから、このあとの情交を目一杯楽しむつもりなのかも芳彦の射精願望は急カーブを描きながら、悦楽の白い稲妻が何度も全身を貫き、へと昇りつめていった。一気に頂点左右の乳房が互い違いに揺すぶられ、怒張が激しく揉み込まれる。
股間へと注がれていた

クンニリングスの体勢になった

痴漢が好きってことはほら

グマが、怒濤のように射精口へと向かう。腰の奥底で滾る欲望のマ会陰を引き締めて堪えようにも、溶解してしまうような快楽だ。そんなものはまったく役に立たない。まるで全身の筋肉がヌッチャニッチャという猥音を聞きながら、芳彦はバストの谷間から精液を一直線に迸らせきゃっ!-一発目が君江の顔を掠め飛び、二発目は顎をしたたかに打ちつける。


股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと
股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと

お尻を叩かれたら

美少女からの返答を待ったそして続けざまに111発、四発と間欠させると、人妻は苦笑混じりの言葉を放った。いやだわ、相変わらず凄い量ね。まあ慣れてくれば、もっと射精をコントロールできるようになると思うわ。君江のセリフを遠くで聞きながら、芳彦は心地いい射精感に酔いしれていた。人妻の秘芯を指で責めている最中、性感度数も相当高まっていたようだ。芳彦は大きな息を一つ吐くと、ようやく全身の筋肉を弛緩させた。やっぱりまだ勃ってる。
オマンコを調べてやるペニスが跳ねかえった君江が側にあったティッシュ箱を引き寄せながら、を見下ろした。含み笑いを洩らすと、芳彦は自身の股間大量射精したという実感はあるのに、ペニスはいまだ臨戦態勢を保っている。いや、気持ちが落ち着いてくると、まだ放出し足りないという感覚さえ覚えてしまう。我ながら呆れ返るほどの性欲だ。芳彦が気怠そうに上半身を起こすと、君江はティッシュで胸に飛び散っていた精液を拭いな
がら問いかけたどうする?インターバルを置いたほうがいいかしら?ふふっ。

オマンコを見せた

その様子だと、このままいけそうね。芳彦君のおチンチン、もうビンビンだもの。君江は丸めたティッシュを床に放り投げると、四つん這いの体勢になり、ヒップを向けた。後背位は、男の人が一番征服願望を満足させられる体位らしいわよ。そのまま芳彦にそう言いながら、セクシーな人妻は再びスカートをウエストまでたくし上げ、ヒップを左右にくねらせる。まろやかなどうやら君江は、情交の段になっても、芳彦にリードさせる腹づもりのようだ。
ペニスにはすぐさま固い芯が生まれる


ペニスを濡らしている蜜を指にすくって
ペニスを濡らしている蜜を指にすくって

股間は見せつけるように高く掲げられ

豊臀の割れ目の下から覗く二枚貝は、誘うようにひくつき、いまだ妖しく濡れ光っている。その光景を見た芳彦の性感は、早くもレッドゾーンへと飛び込んでいた。鼻息を荒らげながら歩み寄り、がっしりとしたヒップに両手を添える。ペニスの切っ先を濡れそぼった窪みに当てがう。はンっ゜そこよ結合の瞬間を今か今かと待ちわびているよ肩越しに様子を窺う人婪の瞳もしっとりと潤み、うだった。

愛撫を受けているときのような切なげな表情に満

バイブレーターを

尻がいけないんだ

淫らなクレヴァスの上を擦られ、何度も甲高い声を上げる。女の深淵から吹き出した愛液はショーツを濡らし、男の指を滑らせたきゃふ、おかしくヒぁ、なる何度もショーツを擦りあげる指の律動に応え、サトリはぐっと腰を突き出した。まるで指を貪るように、腰が小刻みに蠢く。次第にショーツのクロッチが脇に寄せられ、陰部から垂れた愛液が気化する感覚に、サーモンピンクの柔肌がざわめいた。

挿入された硬い棒をキュッと締めつけてしまう

ひ牝の悦びが何度も肢体を突きあがり、サトリの尻をぐっと浮き上がらせた。身が焦げるような熱さと痛みが悦楽に変わり、サトリの全身が激しく揺れる。聖裂を男の指紋で擦られ、蜜を吸って膨らんだ花弁が歪むたび、白い腹部に快楽の波が走った。あひ、ひぃ、いっ、あっ、あっ、ふぁツ。
んん粘液と指が淫らに音を立て、サトリは肢体に操られるまま牝の演奏を続ける。

 

股間に密着し

ショーツの脇に掛かる熱い圧力に、悦びと期待と恐怖が入り交じる。こつんこつんとそこをノックしていたのは、隆起した男の生殖器だった。脳裏に静穂の顔が浮かび、拒絶しようとしたサトリの口が英次の唇で覆われる。らめ、らめぇ…っ!ラヴィアを直接愛撫され、溢れる快感にサトリは甲高い声を上げた。快楽を生み出す指の感触にサトリの全身がカッと燃えあがる。
下着姿になってるのに失礼じゃない

尻肉をスルスルと辿っていきます

英次の指に絡む牝油が、クチュクチュと淫らな音を響かせる。漂ってくる気化した蜜の匂いに、サトリはイヤイヤと首を左右に振った。サトリも、こんなに濡れるんだな。あううつーぁヒい、ら、らめ英次は再び抵抗し始めたサトリを抱きしめ、その顔を引き寄せた。サトリは精いっぱい力をこめるが、英次の身体はびくともしない。

奴隷にあるまじきわがままを言い始めたミュウに

キスで意思が蕩け、パルスがなくても、だんだん子宮が熱くなっていくのがわかる。熱い肉茎が押しつけられた花園は充血し、内側から押し広げられる。それは男を迎え入れる準備が出来た証だった。あふぁ、英次くんっ。花園をノックする男の部位を迎えいれようと股を開く自分に気づき、サトリは必死に首を振る。熱い抱擁に肢体が震え、甘い吐息が口から洩れる。

華美な下着

ペニスを膣に他でもない自分の身体に本当の気持ちを露わにされ、サトリはぎゅっと目を閉じた。甘い声でささやかれ、サトリはいつの間にか、英次の背中に指を這わせていた。英次に抱かれることを受け入れた肢体は、その愛撫全てを素直に受け入れた。ショーツのクロッチを引きずらされた時も、サトリはそっと腰を浮かせた股間を冷やす蜜の気化熱が、濡れ具合を彼女に教える。陰部に触れられることよりも、でびっしょり濡れていたショーツを掴まれたことが、サトリには恥ずかしかった。

ペニスを膣に

バイブか何かが転がっている筈だ

きっと夏美も同じ思いに違いない!静から動へ、二人の性感は一体となり、絶頂の極みへと上昇していった。パンパンパンと、恥骨と恥骨がぶつかり合う音がリズミカルに響き渡る。
あぁいや。本当に気持ちいいよぉ。上ずった声とともに、夏美の腰も軽い回転動を見せはじめる。
子宮が熱くなり

  • 射精衝動に見舞われているのか浩介が叫びながら
  • 股間一点に集中してしまったかのように
  • 股間を縦に割っていたのだった

勃起が阻害されるためのように、幼馴染みの膣奥を穿っていった。芳彦はその動きに合わせるかまるでベッドが壊れるのではないか、と思うほどの激しい抽送。恐ろしいまでに剛直と化した肉茎が、膣内粘膜に擦り上げられる。水蜜桃のような大きな胸が上下に揺れ、どっしりとした肉厚のヒップがくねる。ああ、いい。芳彦、いいよ。すごくいい!

 

バイブやら何やら

夏美は顔をしかめ、セミロングの髪を振り乱していた。歓喜の声はすでに悲鳴へと変わり、顔を左右に打ち振るたびに、玉のような汗がシーツに飛び散る。快感と陶酔が交錯するなか、初めて聞く夏美の狂乱の喘ぎ声に、と押し上げられていった。夏美!僕、もう我慢できないよ!私も!お願い、このまま一緒にイッて!い、いいの?中に出しちやっても。芳彦の性感も一気に頂上へその言葉を受け、芳彦の腰の動きはいっそうの激しさを増した。
セックスというものなのだ
クリトリスを刺激する
クリトリスですとか
身体の芯から八方へ、ドロドロに溶けた溶岩が溢れ出す。膨れ上がった淫楽の大波が、自制という防波堤を何度も打ちつける。あ、イキそう!夏美と芳彦は、今までに経験したことのない未知の世界へ飛び立とうとしていた。上半身を起こし、子宮に届かんとばかりに肉茎を撃ち込む。全身の筋肉が蕩けるような恍惚感に包み込まれる。

 

クリトリスの芽を舌先でペロペロとこねまわされ

イク!イクうう!_
私もイクうう一瞬動きが止まったかと思うと、二つの影は再びゆっくりと重なり二人の嬌声が響き渡り、合っていった。しーんと静まり返った部屋で、芳彦と夏美はいつまでも抱き合っていた。夏美はこれまでとは打って変わり、芳彦の胸に顔を埋めながら、まるで別人のような恥じらいを見せている。やはり夏美は処女だったのだろう。
乳首を抓られる

クリトリスから生まれる愉悦だけでなく

シーツに赤いシミが付着しているところを見ると、初めてでイッちゃつたの?意地悪く問いかけると、夏美は腕を軽く抓り上げた。その仕草も素直にかわいいなと思う芳彦だったが、夏美はすかさず小さな溜め息をつく。え?芳彦が童貞のままで結ばれたかったのに。僕がもっと早く、夏美の気持ちに気づいていればよかったんだけど