下着·ド·5千円

膣の内壁と接していることによる穏やかな快感が

裏茎に当たる部分はお腹だろうか。プニプニとした柔らかい肌の弾力に、コリコリと固くしこった乳首が絶妙のアクセントを与え、圭佑はすぐさま恍惚の表情を浮かべた。まるで母親の胎内にいるような、この安堵感と幸福感はいったいなんだろうああ!女の人の身体って、こんなに柔らかかったんだ。亜衣は決してグラマラスという体型ではなかったが、それでもこれだけの充足感を与えるのである。

愛撫してみる

これが理名だったら、どれほどの快楽を覚えるのだろう。目を虚ろにさせ、本能の赴くまま高揚感に浸る圭佑だったが、その直後、亜衣は身体を上下に蠕動しはじめた。あっ!気持ちいい。それは全身に高圧電流を走らせたかのような、この世のものとは思えない悦楽を圭佑に与えて4ヌルリとした感触に、圭佑は目を大きく見開いた。二人の身体はローション塗れになり、ニチャッという音とともに粘っこい糸を引いていく。それはまるで自分が納豆にでもなったかのような錯覚を与えたが、その奇妙な感覚は、すぐさまこれまで経験したことのない快楽を誘発させていった。

 

射精寸前の兆候を

なめらかな触感が身体を合わせた部位全体に広がり、それが交感神経を刺激してくる。男の性感ポイントはペニスのみに集中していると考えていた圭佑だったが、まるで全身に拡散してしまったかのようだ。ふふ、どう?気持ちいい?ああーあぁぁ!返答をしようにも、もう喘ぎ声しか出てこなかった。しかも亜衣の無毛の恥骨が裏茎を擦りあげ、プニッとしたその肌触りが新鮮な刺激を与えてくるのであるペニスは熱化し、今や臨戦態勢をしっかりと整えている。
二人の奴隷に一切

クリトリスに遣われる指

圭佑の昂奮はあっという間に頂点へと達し、ただ身を捩らせることしかできなかった。あんた、まさかこのままイッちやうんじゃないでしょうね?だってだって!あらまあ、かわいいお顔。自分の表情は、鏡などを見なくてもよくわかる眉を八の字に下げ、哀れな目で射精の許可を訴えているのだろう。亜衣をエクスタシーに導くことで、少しでも自分の立場を優位にするつもりが、いつもどおり、圭佑は彼女の軍門に降っていた。
いつちゃダメだよ!まだローションの効用を、最後まで確かめてないんだから!

射精に導くのだと友人に聞いたかった

亜衣は厳しい眼差しを送りながら上半身を起こし、白濁化したローション液が粘った糸を引く。いまだ視線の定まらない圭佑だったが、亜衣がまたもや桶に手を伸ばすと、期待感に胸を打ち震えさせた。最後まで確かめてないって、今度はいったい何をするんだろう?これ以上の気持ちいいことなんてあるんだろうか?ローションの仕上がり具合は、亜衣のレクチャーどおりに作り、固くも緩くもない。

ペニスが最大限に張り詰めているのがわかった

尻割れに股間のクレバスに顔を押し付けられる初めての実体験とはいえ、違和感をまったく感じさせないという点では、何も問題はないと思われた。手のひらに掬ったローションが、ペニスへと落とされていく。それだけでは足りないのか、亜衣は両手で大量の透明液を再び掬い取り、怒張の上へと滴らせた太股の上には亜衣が腰掛けているため、両足はぴったりと閉じている。股間の三角地帯にはローションの池ができ、肉筒だけが顔を出しているという状態だった。おチンチン、ひくひくして3たっぷりとローション液を含ませた亜衣の手のひらが、静脈の浮き出た肉胴をしっかりと握りこむ。

子宮が熱くなり

マンコを舐めてもらって3

美少女が肉棒を深々と頬張っているのだ殴られでもしたような鋭い衝撃に、サトリの全身の毛が逆立った。すっかり濡れていたその膣肉は、乱暴な挿入に素直に反応する
あうっ!ひは、はっ、こんなのっ、キャゥッ!灼熱の肉棒が、何度もサトリの膣に突き入れられる。そのたびに、激しい快感が彼女の意識を埋め尽くした、英次様ひどいああううぅ!
熟女ブームだから

尻尾を掴んでやろうと思ったのだ

続いて引き抜かれた英次のモノが、予告もなしに櫻子の内部へと突き入れられたくふっ、はぁああっ、た、確かに、んうっ、キツイですわ、ね。白い左右の尻肉の間に出入りする肉棒を、まだ処女を卒業して間もない狭い膣が、押しつぶすような圧力で迎え入れる。味わいが異なる二人の膣を交互に貫いて、あウツーソンツーいや、ヤァッ!英次は頬をほころばせた。黒光るペニスに白く濁った愛液がまとわりつき、粘っこい滴りで腰と尻の間に糸を引く。乳首をころころと転がされ

痴漢集団に囲まれているぞ


股間から響く淫らでいやらしい音が、あたかも自分の内側に黒い情欲を湧き上がらせているようで、サトリは必死に首を振って抗った。やだ、やだツ、やソッ!ああんっ!だが、彼女が逃げるように前へ身体を乗り出しても、櫻子が許さなかった。ただ無様に手足をばたつかせるサトリを愉快な気分で見下ろして、英次は思う存分女の部位を蹂躙する。少しずつ太くなる肉径は、確実にサトリの深淵部を捉えて離さないもうすぐ、もうすぐ…射精する。今度こそ、射精してくれる。
股間がまだピクピクと蠢いている

オマンコ奴隷紫織の

ペニスの到来で解き放たれてしまったことは確か
無理やりに犯され、それでも英次を信じて充血した膣が、牡を求めて激しく収縮した。エクスタシーの波に飲まれ、サトリは櫻子の乳房に歯を立てる。蠢動する淫筒が生み出す疼きに声を上げ、しきりに腰を振る。あの青い光が無くても、自分はもう英次のモノなのだと、好き…、ああっ、好き?だいしゅきッ!唐突にサトリは理解した尻を突き上げ、
肉棒にすりすりとこすりつけられる頬の柔らかさ

チンポを踏んで下さいって

わたくしも櫻子の耳元に口を寄せながら、わたくしも…!そう声を上げる。そう声を上げる櫻子の中にも、英次が痕跡を刻んでいくざ気持ちをロにするたび、英次の分身から、僅かな雷撃の残滓が零れるのが分かる。膣奥で花開く感覚に怯えながら、淫穴を貫く肉茎と櫻子の乳房以外の感覚がサトリから失われ、悦楽の営みが全てになる。んでいくペニスから与えられる悦びが、彼女の肢体をさらに紅く染め上げる。それでも自ら尻を揺すって、サトリが一心に英次を貪る膨ら逃れることが出来ない甘美な拷問に!
下着·ド·5千円

亀頭が小さいぐらいか

中出しとかしたことなかったんですが
やがて、サトリの精神が弾けたもう少しで気持ちが通じるのだ、そう思えた瞬間、英次がうめいた。ドクッ、ドクッ!間を置かず、英次が全身を収縮させる。破滅の体液がサトリの中へ注ぎ込まれる。熱い迸りを感じ、サトリの肢体は満足げに震えた。ああ奥深くに射精の途中で引き抜かれ、サトリが切なげな声を上げる。子に凶器が突き立てられていた。ああっ、英次様…英次様あ精液が滴り落ちていく先では、櫻ドクッ、ドクッ!

愛撫しあう

人妻のペニスに導いた

なんだ、本島マネージャー·また間違えちゃっているのかなプレイが変わるんだけど、ごめんね、説明が足りなくて。訊き返す浩平告102作品目は少し三人の間にわずかだが緊張感が走った。引くに引けない雰囲気になっていた。だから涼子は。いえ、大丈夫です。やってみます。ありがとう、ほんと助かります。じゃー、裸になって、ベッドに上がって仰向けになってください。

お尻を突きだすんだ

それと、はじめてのことで、驚いたり、恥ずかしかったりしたら、そのまま表現してかまいません。そのほうがリアリティーがあって、見る人が興奮するかええ。その説明を受けて、涼子はほんの少し不安になった。でも、こんな人が良さそうな二人が、変なことするわけないわね。涼子は心の中でそう呟き自分に納得させた。

 

股間に顔を近づけた

浩平と正也は共に42歳、どちらも落ち着いた感じの優しい風貌だった。元美容師だから話し方や、物腰もガテン系とは真逆の感じだ。さすがにAV男優をしているから、ナヨッとはしてないが、かといってオラオラ系でもない。二人とも真面目で正直そうな印象だ。見た目と性格は。きり述べ、浩平は黄色い夢。
フェラチオに熱中する

セックスしたいわけじゃないんだ

の社長をしているだけあって意見をはっ顔のパーツも派手で二枚目タイプだ。姿勢や服装がきちんとしていた。一方の正也は気が利いて、スポーツが得意なお兄ぃーさん的な存在に思えた。そして二人共、年齢よりかなり若く見える涼子の目にはそんな感じに二人が映っていた。涼子は浩平の指示通り、バスローブを脱ぎ、ベッドへ上がって仰向けに寝た。すると正也が三脚の上の二台のビデオカメラの録画スイッチをONにして、ハンディーのビデオカメラを肩に担いで、左手の親指を立て、OKサインを浩平へレフ板がLEDに照らされて白く輝き。

ペニスに軽い疼きは覚えるのだが

その光が涼子の隅々まで浸透する。真っ白なシーツの上でも肌理の細かい肌が強調された。それは先ほど湯に浸かった効果でもあった。36歳の涼子は、正也のビデオカメラのファインダに、た。妖艶でお利口そうな奥様。まさにそれだった。

ペニスの先を

愛撫させながら最高の熟し加減で映っ
涼子さん、大の字に手足を開いてください。涼子はその浩平の声に冷たさを感じた。いままでとは少し違う。言われた通りに四肢を広げる。すでにさっきのシーンで全裸でオナニーをしているから、恥ずかしさはそれほど感じない。じっと浩平の動作を見守っていた。浩平へ真っ赤な色のロープが飛んでいった。して、投げつけたのだ。