愛撫させながら

フェラくらいやってるんじゃなかったのか

飴色のゴムに包まれた頭を抱きかかえるようにして、キスをした。呼吸用に開いた穴に舌を差し込み、執拗に吸い上げていく。さあ、おネダリしてごらんなさい。紀子ちゃんも、早くお終いにしたいでしょう。すでに、二百シーシーの浣腸液を注入されている少女が、息も絶え絶えに哀願した。まあ、うれしい。
股間がまだピクピクと蠢いている

  • 大陰唇の周囲に生えた短い陰毛を
  • 肛門に出し入れさせる
  • 膣の奥深く自らの

下半身むき出しの高見のペニスは紀子ちゃんも、やっとわかってくれたのねぇ。ご褒美に、お薬を増やしてあげるわねぇ。さっき看護師が、大人の腕ほどもありそうな浣腸器を手に取った。を刻んだガラス浣腸器である三百シーシーまで目盛りキューイッガラスの内筒とピストンが擦れる音に、薬液を吸い上げる音が入り混じって響いた。彎、彎、お浣腸なんか、もうイヤああ。

 

人妻というものを強く感じさせるのだ

巨大な浣腸器を垂直に持ち上げ中に溜まった空気を押し出す操作を見せつけられて、泣きじゃくるような声をあげた。大丈夫よう、すぐにいい気持ちになれますからねぇ。幼児が少女の陰部に、白いゴムに包まれた指が出入りしている。スピーカーを通じて見学席に伝わってくるクチャクチャという音は、無理やり加えられている淫らな刺激に抗しきれなくなっ
てきた現れである。たすけてエ、嫌ツ、嫌ツ、イヤあガラス浣腸器の嘴管がカテーテルに押し込まれると、かん高い悲鳴が沸き起こった。
ペニスを膣に
アナルでイケない
ザーメンを顔にくださいって言うんだ
だがゴムのナース服をまとった看護師は、うれしそうに浣腸器のピストンを押し込んでいく。白い浣腸室に少女の悲鳴がこだましたが、空しく壁に吸い込まれていった。お願い、おトイレにい浣腸台の上に、うつ伏せに拘束されている少女が、聞き入れてもらえるはずもない懇願をし大丈夫よう、紀子ちゃんのお腹は、二回のお浣腸ですっかりキレイになっているから、レに行っても出す物なんか何にもないのよう。おトイクチクチと性器の愛撫を続ける看護師が、何でもないことのように応えた。

 

オナニーしていたら

背後のスタンドに、空になったイルリガートルが吊り下げられている。石鹸浣腸に使用した二千シーシーのイルリであるもっとも、出す物の無いときの方が、ずっと辛いけどねぇ…。紅い手が、飴色のゴムに包まれた頭部をやさしく撫でた。苦痛を和らげるのではなく、痛みを増幅させようとするかのように逆撫でしている
尻割れに股間のクレバスに顔を押し付けられる

オマンコズボズボがいいのぉツーんああツーそう

ウフフッ、便意の波が襲ってきたようねぇほうら、息を止めて堪えてぇ…小刻みに、浅い呼吸をくりかえしてぇ…そう、とっても上手よう患者の膣に指を出し入れしている看護師が、背中の震えを見定めながら指示を出した。ブレスとよ呼ばれる、便意に耐えるための呼吸法である。浣腸ハッ、ハッ、ハッふウSッ。ゴムの衣装をまとった看護師に操られるまま、浣腸ブレスを繰り返している。当面の辛さを紛らわせるためには、指導に従うしか術がないのだった。だが、どんなに一生懸命呼吸を繰り返しても、崩壊の時を逃れることなどできなかった。

爆乳少女だった

尻に涙が浮かんでいるのが解った

前藩主の跡取り息子、すなわち前社長の美しくも優しい妻は、横浜黄金町にある遊郭の奥座敷で、叩き割ったツボの破片を使って自害したという。たまたま店を冷やかしていたF藩江戸邸の代々の出入り商人だった何某は、美しい奥方の顔も知っていたのだ。楼主は商売モノ。が勝手に死んだことに心底腹を立てて、顔も覆わずに運び出したところをこの男が見たのだ。血に染まり顔は蒼白となった亡骸を見て、血相を変えて会社にご注進に及んだというわけだ。老社員、すなわち元F藩士達は激高し、憤った後で姫。の救出に向かった。
お尻を平手で叩きながらお尻を

  • フェラチオは男に奉仕しているという感じではな
  • 尻目に騎乗位の態勢で
  • セックスに関しては冒険するタイプ

人妻はペニスがこわばって彼女の下腹部に当たっ数えで十四にもならない姫。孫の年にもなるような姫。は、その美貌と優しい心で、男達の希望でもあったのだ。その姫が男達の慰み者になって良いはずがなかった。何が何でも救わねばならない。どうせ残り少ない余命だ、恥を忍んで、逆賊の汚名を背負って明治を生き延びた男達にとっては、惜しい気持ちなどどこにもない。廃刀令このかた、武士の魂は表だって持ち歩けなかったが、誰一人としてさびを浮かせている者はいなかったのだ。

 

エッチでそんで

ところが、押し込み強盗よろしく、元F藩士の老人達は、怒気と血気をたぎらせて、黄金町の遊郭を隅々まで探し回ったが、見つからない。最後は、楼の主に白刃を突きつけて聞き出せたのはあまりに高値だったから、ここ以外に売られたのだろう。ということ。既に売られて。から三日目の夜だ。事件の黒幕なのが明らかな、もはや、一刻も猶予はならないと、でいるのだ。姫をどこへやったのだ!言え!
チンポだろうが
陵辱ベッド座敷牢の中で
巨乳を揉みだした
元江戸家老をこうして囲ん殺気は高まる一方だったが、己の権威を確信している角田は、つゆほども気に掛けてない。さっきから、私には関わりのないことだと言うておろう。姫をかえせ!くどい!さっさと仕事に戻れ。ただでさえ、働きの鈍いヤツの首を切らねばいかんのだ。このとき、角田は誤解していたのである。

 

セックスしてればモテるわって納得するしかなか

人の良い前藩主のボンボン息子を、病没寸前で社長から追い落としたことよりも、奥方と
そして姫を苦界に落としたことの方が、F海運の社員となった元藩士達の自責の念と怒りを刺激したということを。だから、その怒りの矛先を向ける相手を探していたところに、角田は芝居に出てくる悪家老。そのものの役割を演じてしまったのである。となると、行き着く先は、維新の嵐の時代を知る者にとっては、行動しかない。
セックスのことなら知ってるぜ

ペニスの抽送を開始する

おまけに、たとえ比喩でも、士分であった者に首を切る。は、あまりにも不用意だった。荷物を極限まで背に乗せた駱駝は、最後に載せたわらしべ一本。で背を折るという。激高しつつも江戸の名残のような身分制の壁に自重していた男達にとって、そのわらしべが首。発言だったのだろう。角田の横で静かな声が流れた。それなら、真っ先にお前だな。

セックスと比べて自分のは

股間ががオマンコ見せるだけで事故は示談にでき

勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできたあん、そ、そんな、ああ、恥ずかしくて。か、堪忍、堪忍してぇ。ダメぇ、初夜はこうやって妻の全てを見つめることってのが家訓だからね、穴が開くほど見なそんな、お許しを、も、もう…堪忍を。それにね、見てるだけで濡れちゃうんだもん。葵だって、感じちゃってるってことだろ。
クリトリスを摩擦することになる

肉棒をしゃぶりながら

ああん、そんなこと、ないです、ああ、お許しを、旦那様。顔を両手で押さえながら、いやいや、と取り乱しながらも、私の目の前から逃げられません
でした。目の前に、ホンのわずか、数本の産毛よりも少しだけ太い毛が見えて、その先にある桃割れから、透明な液体がにじみ出ていたのです。そこにフッと、ワザと息を吹きかけます。甲高い声を一声はなったのと同時に、一気に粘度を増した蜜が、さらにトロッと溢れます。わ、一気にドッと出てきた。肛門にも容赦なく指を押し込み

ペニスから口を離した


出てくる、出てくる、と煽ると、恥ずかしさがさらに募るせいでしょう、みるみる、洪水になってきます。あんつー私は桃割れの外側に優しく手を置くと、くばーっと白い肉を広げてしまいます。あぁあぁぁ!悲痛かと思うほどの叫びには、思わず、舌先は、陰核をペロペロとなめ上げて、甘やかな香りが隠れています。私が口を付けると、少しばかりの磯の匂いが残るその場所は、ドッと露が溢れます。三回ペロペロしたら、グッと下側の入り口当たりまで顔を降ろして、ベーンと、舌全体で舐めてしまいます。
クリトリスを摩擦することになる

下着をお見せし

巨乳のナースは指一本ずつの責めをやめ
ああー旦那様、そ、そのような、あ、あう、ああーだめだめ、ほら、ジュル、ジュルジュル。はうん!ビクンと背中が跳ねました。お願いで、あうう、ございます、ああーそ、それ以上は、ああ、そ、それ、あう、それぇ、あっ突然、全身に力が入って、白い背中は、仰け反りました。ああい、いくう!自然と口をついて出てきた言葉でしょうか。素直にオルガスムスを告げながら、しなやかな裸身をヒクヒクと振るわせて、絶頂してしまったのです。
下半身を露出させた

下半身にたむき出しの秘裂をすぐ近くで見られて

強烈な絶頂に仰け反る間も、葵の強烈な意志は、夫の命じる家訓に背かぬよう、広げられたままでした。そして、ゆっくりと五つ数えるほどの間、全身に力が込められていたのが、一気に、ふ
わっと力が抜けてしまいます。もはや手で押さえることができませんが、力が抜けてしまった分だけ、その両脚は大きく広げたしどけない姿で、横たわることになってしまいます。ハア、ハア、ハア目も開けられぬほどの快感の残滓の中で、ただ、荒い呼吸をしている葵の両脚は、その曲げた膝ごと外に倒れて、広げられたままでした。ああ、旦那様、意地悪にございます。
尻の割れ目に沿ってゆっくり動いていた

JKに分かるはずがないじゃろう

セックスが気持ち良いものだとは思えなかった
いつの間にか目に涙まで浮かべた葵が、涙ながらに、そう訴える顔は、いつもよりもさらに可愛く見えます。や、可愛かったよ。私は葵上にのしかかるように顔を合わせると、そうやって褒めながら髪の毛を撫でます。あんっ、あっ。優しく撫でる一方で、腰から下は別の人格として動いていました。あんっ、あ、ああ。微かに唇から甘いため息を漏らすのは、ニチャ、と先端をくっつけては離し、一度離してはまた、ニチャッと、少しずつ奥に入れていく動きのせいです。一度力が抜けてしまった両脚は、しどけなく広がったままですから、怒張は好き放題にくっつけられます。

クリトリスをなめろ

肛門括約筋があっさりと割れた

たった一本の毛が抜けると恐ろしいほど痛い。そう感じてしまう。それがこの凌辱の面白いところだ。このプレイを楽しむためには、最高級の毛抜きが必要なのだ。先端だけをしっかり掴み。それだけで毛を抜く。それは安っぽい毛抜きでは出来ない。いま使っているのは関の特上品。
エッチなパコパコ

  • ペニスの模型のうちどの部分を
  • 乳首の愉悦に囁くように呻いている舞子は
  • 股間に陣取った老人が

愛撫が股間の黒い茂みや一つ一万円でも買えない代物だ。だが惜しくはなかった。これだけ遊べるのだから。AVの絵になるのだから。痛いっ、もうお願いやめて。舞子は涙声だ。だが、まだ続ける。まだ序の口なのだ。抜くたびにピクリピクリと、膣孔と尻孔が反応する。それも絵になった。正也のビデオカメラはずっと克明に撮り続けた。イタつ、もう無理。

 

膣内から引き抜いた伊藤が浴衣とトランクスを脱

十本を超えたあたりから、舞子が顔を左右に振るようになった。なく、正也にも助けを求めている様子だ。ああ、助けて。浩平だけでは舞子の叫びは何種類にもなった。だが、手は休めなかった。終いには息苦しいのか荒い吐息まで聞こえて左の手に淫毛が山盛りになってきた。降り、トイレに向かった。一旦捨てるしかない。
下着·ド·5千円
セックスに飽きてしまっていたとしても他に
愛撫しオーガズムを与えたいのであれば
浩平はベッドから抜く行為がおさまり。舞子は闇の中で浩平の動きを探った。浩平がトイレ方向へ歩いていくように感じられた。続けざまの痛みから取り敢えずは解放された。舞子が息を荒げていたのは痛みよりも心臓の鼓動が早まったからだった。彼女は浩平が離れたことを知って、ホッとできた。

 

奴隷のような状態になった

たったそれだけでも少し心臓が落ち着き。呼吸が戻りつつあった。トイレに着いた浩平はドアを開き様式の便座の蓋を開けた。左手にこんもり
乗った淫毛を便器へ放り投げる。絡んだ毛はまるで網が広がったようになって便器の内側にへばり付いた。それほどたくさんあった。振り払った左手を見ると毛根が接着剤かわりになって、手の平にまだ10本以上毛がひつ付いていた。それを右の指で1本1本つまんで捨てていくトイレを流すレバーを回すまで20秒ほどかかっただろうか。
エッチなパコパコ

ペニスを引っ張り出すと

て戻ると、舞子が左右に首を振って。ねえ、お願い、やめさせて、もう痛くて死にそうなの。やっと流し終えとビデオカメラを担いだ正也に頼んでいた。だが、かわからない。だから舞子はやみくもに首を動かし、舞子はどこに正也がいるの何度もおなじ言葉を繰り返彼もこの遊びが正也はそれに応えず。好きだったさっ、お待たせ。ただビデオカメラに舞子の姿態を写す。

熟女らしい使い込んだ色のラビアが醜く覗いてい

42年も欲求不満に耐えてきた熟女を

こういうときのエリカってのは、だいたいロクでもないことをたくよな早くも嫌な予感がしまくりの俺だった。
はじめてのレッスン翌日家庭教師のバイトをするべく、さっそくエリカの家に向かう俺だった。考えてみたら、誰かに勉強を教えるなんてのは初めての体験だったが。まあ相手はあのエリカだしな。こっちも気楽なもんだ。エリカの家は、コンクリートの壁に囲まれた、なかなか立派な造りだ。お屋敷と言っても差し支えないくらいのレベル。

肛門にそんなものを入れられるのは嫌だった

とは言うものの、このあたりは割りとこんな家ばっかり建ち並んでるので、ここだけさほど目立つというわけでもない。海洋考古学者ってのは、そんなに実入りがいいのかね。そういえば、なんか海外で講演会がどうとか、英語圏では本が売れてるとかなんとか聞いたような気もするまあ、んなこたーどうでもいい。すぐにインターホンからはあい!と元気のい玄関のチャイムを鳴らすと、いエリカの声がした。恭介お兄ちゃん?ああ。玄関のロックがカチャッと外れる音がした。どうぞ、入って!んじゃ、お邪魔します。ごうしゃ勝手知ったる他人の家。

 

肉棒が脈打って私を待っていました

さっさと中に入る俺はライオンのノッカーが付いた豪奢なドアを開け玄関先には、相も変わらず白いセーラー服を着込んだエリカが立っていた。いらっしゃい、お兄ちゃん!…あのさ、前から気になってたんだけど、ひとつ聞いていいか?いいよ、何?おまえんちの学校の制服、セーラー服だったか?違うよ?これはただのコスプレ。コスプレあれ、知らない?コスプレっていうのはね、コスチューム·プレイの略
で…。どアホウ!そんなこと聞いてるんじゃねでもないセーラー服なんかわざわざ着てるんだって聞いてるんだっ!
セックス接待だ

確かにフェラや

なんでおまえが、学校の制服思わず怒声を発してしまう。するとエリカは、あっけらかんと答えた。決まってるじゃない。サービスだよ。サービスう?うん。お兄ちゃんが好きだろうと思って。な、な、な、何をおまえは、こ、こ、こ、根拠もなくそんなことを、を、をお兄ちゃんて分かりやすいね。

下着姿になりバストや

いいんだよ、恥ずかしがらなくても。エリカ知ってるんだ。お兄ちゃん、セーラー服とかブレザーとかブルマとかスク水とかそういうJK制服ぽいの大好きでしょ。エリカは急に小悪魔じみた顔つきになった。ち、ち、ち、違う。そ、そ、そ、そんなことは断じて。もう、いまさらそんな嘘つかなくてもいいんだよ?

下着に手を掛ける

尻臭を嗅ぎ分ける芸だっただって、お兄ちゃんがレクションしてる美少女ゲーム、みぃんなそういうのばっかりじゃん?あとPCの画像フォルダに貯めこんであるやつを見たのか!アレを!いつのまに!うそ急に目の前が真っ暗になった。おまえには、たしなみとか、禁忌とか、そういう概念はないのかだって、お兄ちゃん、PCに鍵とか全然かけてないんだもん。無用心だよね。

下着はつけていない

美少女の尻は

クンニリングスをされて瑠璃子が感じ入った喘ぎ当然のようにエリカは純白セーラー服のままだった。おまえの苦手な教科はどれなんだ?英語、かな?ま、それで、ん-と、
英語ね。それだけか?んー、数学もあんまし得意じゃない…かな。社会とか理科は大丈夫なのか?えへへホントのこと言うと、そのへんも苦手…。国語は?
股間が濡れてきた芙蓉子は後ろを向いて手を背中

下半身に生まれた

古文とかがちょっと…いや、全然…それはつまり、五教科は全滅ってことじゃないのか。そうとも、いうかな…はは眼をそらしつつ、ポリポリと頬をかくエリカ。思わず、ハーッとため息が漏れた夏休み中になんとかなるといいな…そうだねぇ、あはは…ひとごとみたいに笑うなよ。おまえのがんばり次第だとゆーとるんだ亀頭を露にし

肉棒を押しつけてきたのだ


ううっ…が、がんばりますさすがのエリカも、がっくりとうなだれた。はい、じゃあ気を取り直して。まずは英語から行こうか。とりあえず学力を確かめようと、英語の基礎問題集をやらせてみたところが。案の定と言うか、エリカは十分もしないうちに飽きて、ダレてしまった。おいちょっと早すぎるだろ。もうちょいがんばれよ。分かんないとこだらけなんだもーん。そりゃそうだろ。それだけおまえがサボってたってことなんだから。つまんない、つまんない!
子宮が熱くなり

亀頭のいちばん感じやすいエラで痛みを覚えるほ

女子高生で賑わっていた
エリカは、両手両足をピーンとのばして、抗議のポーズをとった。いくらなんでも、もう少しくらいは真面目に勉強させないと、さすがにバイトを引き受けた手前、アイカさんに申し訳が立たない。じゃあさ、お兄ちゃんがボクの言うこと聞いてくれたら、真面目に勉強してあげる。エリカはとんでもないことを言い出した。おまえの勉強を見てやろうっていうんだぞ。なんで交換条件なんか

股間に当てたままだ

クリトリスや膣を

言うこと聞いてくれないんだったら、もう勉強なんかしないもん。エリカはブーツとふくれつらをして、こ、こいつは。そっぽを向いた。思わずキレかかった俺だったが、ここでこいつの機嫌を損ねると、だが待てよ。ちょっと面倒だな…。と思い直した。じゃバイト代もらうのさすがに、も気が引けるし。
オナニーが画面一杯に映っているのは変わりがな

尻がさもたまらなさそうに

射精を受けながら
一夏かけて全然成績が上がりませんでした、俺は冷静になって、自分に言い聞かせた。こいつはまだ子供なんだ。なんだかんだ言っても。だったら、大人の俺としては、ちょっとくらい子供の我がままにつきあってやるべきかも知れない。そうしないとラチがあかないし。よし。あきらめはついた。じゃあ、言うこと聞いてやるよ。ただし一回だけな。え、ホント?わーい!さっすがお兄ちゃん。話が分かるう!とたんにエリカの顔がパーッと明るくなった。で、何なんだよ?

クリトリスを充血させた

クリトリス“か

それより和泉ちゃんちで宅飲みとか?wなんとなくの予想はしていたけれど、きたか。曲がりなりにも店で出会った彼氏がいてその彼氏とは22歳も顔見知り。気まずく思うのは私だけらしく悪びれる様子のないカラリとしたお誘いには
色気もへったくれもなかった。

処女地は純潔を死守するように

あまりのセックス臭のなさに、今更断る方がめんどくさいと思ってしまう。しょうがないなぁ、そうするかぁ。飲んでもヤラなきゃいいかぁ、そんな余計に面倒で回りくどいことができるとなぜ思ったのかは分からない。飲みの誘いに乗った時点で、あーヤるかもなぁでも好みじゃないんだよなあyとは思っていたのは間違いなかったのだけど。駅前のコンビニで酒を買い込み、始発は動いているのにタクシーで家に向かう。好みじゃないけどまぁいいか。

 

チンポが滑ってるんんッ中

そう思ってしまってる私にはあまり気がつきたくなかった。暑くなってきましたね。そろそろM男の本格調教期間に入るので筋トレ始めた桜井です。うっかり自宅に男を招いてしまったお話の続きです。うち、すごい散らかってるよ?ダイジョーブ、男の散らかってると女の子の散らかってるは別次元だからww。確かに当時の彼氏の部屋も色んな意味でヤバかった。
ペニスに視線を釘づけにしている一瞬にして身体

処女性を珍重する傾向にある

彼氏とはウチでセックスすることが希だったこともありまあ男の一人や二人や三人くらいはいいかなー他に男いるって言ってるし、と段々開き直った気持ちにすらなってきた。外道とか言わないでください。桜井宅に到着し、ほらやっぱり全然大丈夫じゃんと茶化す22歳若干巨根君。うるさいよと突っ込みつつもどことなく安心してしまう心の弱さ。白々しく乾杯なんて言って瓶をぐいぐいと開けた。半ばやけくそで私はとっとと寝入ってその間にお帰りいただこうと考えていた。

愛撫することから始めるべきなのです

引き返せないところまで来ているのにとにかく面倒くさくてだらけた空気をかもし続けていたと思う。どういう流れか話題が男の下着の話になった。
私はチンコは上向きに収めるのが健康にいいと聞いて以来パンツの中でチンコは上を向いているべきであると信じているんだそんな話をしたように覚えている。え、上に向けてるとさちょっと窮屈っていうか…キャラに合わない歯切れ悪い一言に頭に疑問符が浮かびまくる私。ごめんそれどういう意味?とkwskした。説明を求めた。一行じゃわからない産業で。

尻好きを非難しなかった

クリトリスをなめろいやだからさ、上に向けてるとおっきくなった時にはみ出ちやうんだよ。あのねぇ、男はおっぱいを見た目で大体判断できるだろうけど男のナニの大きさなんて服着て涼しいカオしてたら分からないもんなんだよ。巨乳は別に好きじゃなくても実はEカップです。なんて言われたら見たくなるでしょ?触りたくなるでしょ?要は、ムラっとくるでしょ?ムラっとくるのは男女平等なんですよじ虧く
あだ名が

子宮が収縮して

亀頭がブワッと大きく膨らむ

唾液の潤滑油をたっぷり含ませた柔肌君江は乳房に添えていた手に力を込めると、さらなる反復運動を繰り出した。どう?気持ちいい?気持ちいいです。そんなに激しくされたら、いいのよ。イッちやって。イッちゃいます。前回と同じく、しれない。君江は1回放出させてから、このあとの情交を目一杯楽しむつもりなのかも芳彦の射精願望は急カーブを描きながら、悦楽の白い稲妻が何度も全身を貫き、へと昇りつめていった。一気に頂点左右の乳房が互い違いに揺すぶられ、怒張が激しく揉み込まれる。
股間へと注がれていた

クンニリングスの体勢になった

痴漢が好きってことはほら

グマが、怒濤のように射精口へと向かう。腰の奥底で滾る欲望のマ会陰を引き締めて堪えようにも、溶解してしまうような快楽だ。そんなものはまったく役に立たない。まるで全身の筋肉がヌッチャニッチャという猥音を聞きながら、芳彦はバストの谷間から精液を一直線に迸らせきゃっ!-一発目が君江の顔を掠め飛び、二発目は顎をしたたかに打ちつける。


股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと
股間を赤ちゃん柄のオシメカバーで覆うと

お尻を叩かれたら

美少女からの返答を待ったそして続けざまに111発、四発と間欠させると、人妻は苦笑混じりの言葉を放った。いやだわ、相変わらず凄い量ね。まあ慣れてくれば、もっと射精をコントロールできるようになると思うわ。君江のセリフを遠くで聞きながら、芳彦は心地いい射精感に酔いしれていた。人妻の秘芯を指で責めている最中、性感度数も相当高まっていたようだ。芳彦は大きな息を一つ吐くと、ようやく全身の筋肉を弛緩させた。やっぱりまだ勃ってる。
オマンコを調べてやるペニスが跳ねかえった君江が側にあったティッシュ箱を引き寄せながら、を見下ろした。含み笑いを洩らすと、芳彦は自身の股間大量射精したという実感はあるのに、ペニスはいまだ臨戦態勢を保っている。いや、気持ちが落ち着いてくると、まだ放出し足りないという感覚さえ覚えてしまう。我ながら呆れ返るほどの性欲だ。芳彦が気怠そうに上半身を起こすと、君江はティッシュで胸に飛び散っていた精液を拭いな
がら問いかけたどうする?インターバルを置いたほうがいいかしら?ふふっ。

オマンコを見せた

その様子だと、このままいけそうね。芳彦君のおチンチン、もうビンビンだもの。君江は丸めたティッシュを床に放り投げると、四つん這いの体勢になり、ヒップを向けた。後背位は、男の人が一番征服願望を満足させられる体位らしいわよ。そのまま芳彦にそう言いながら、セクシーな人妻は再びスカートをウエストまでたくし上げ、ヒップを左右にくねらせる。まろやかなどうやら君江は、情交の段になっても、芳彦にリードさせる腹づもりのようだ。
ペニスにはすぐさま固い芯が生まれる


ペニスを濡らしている蜜を指にすくって
ペニスを濡らしている蜜を指にすくって

股間は見せつけるように高く掲げられ

豊臀の割れ目の下から覗く二枚貝は、誘うようにひくつき、いまだ妖しく濡れ光っている。その光景を見た芳彦の性感は、早くもレッドゾーンへと飛び込んでいた。鼻息を荒らげながら歩み寄り、がっしりとしたヒップに両手を添える。ペニスの切っ先を濡れそぼった窪みに当てがう。はンっ゜そこよ結合の瞬間を今か今かと待ちわびているよ肩越しに様子を窺う人婪の瞳もしっとりと潤み、うだった。

愛撫を受けているときのような切なげな表情に満