オマンコが丸見えに

セックスレスだと訴える奥さん

まるで、ボロ雑巾のように、全裸にされベッドに倒れ込んだ。「股を広げろ殴る格好をする彼。ゆっくり、股を広げる私。「汚ねえ、ま·こだなぁ」そう言うと、彼は、私のアソコに唾を吐きかけた。ドュブュッ!唾は、濃い目の黒々した陰毛にベットリ。私の涙は止まりませんでした。白い唾の塊が、まるで精子のように、ゆっくり、ベッドの白いシーツの上に落ちた。下を向いた瞬間でした。彼は、私のアソコの襞を捲りもせず中指と人差し指を強引に突っ込み激しく動かした。

  • セックスまでされちゃいます
  • お尻に突っ込まれ、そのまま
  • オマンコを開帳し、互いに陰部を舐めあい、疼いていた

フェラとプルプルに濡れた卑猥な
いっ、いたついたたたたっ!あまりの激しさに、股を閉じ、身体を反転させベッドの上から、降りて、ベッド上の受話器を掴もうとしました。しかし、寸前のところで、髪の毛を掴まれ、バスルームまで連れ込まれました。彼は、私をバスルームに入れ、入り口前で、自分から全裸になった彼。ガタイがいい割には彼の持ち物は粗末なモノでした。すでに勃起しているはずなのに陰茎は陰毛に隠れて、見えず。

 

ザーメンさんにはお休みしてもらって、その代わりに黄金水を放出してもらいます

年齢ゆえに、カチンカチンにはならなくとも、真菜の指先には、温かさとそれなりの弾力性が感じられていた。勃起しているのだ。勃起したオトコを指先で辿る。老人は、いや、カリを確かめ辿り、幹をなぞり、その先端を優しく指先で撫でている。その動きは、愛撫そのものだった。真菜は、自分がなぜ、こんなことをしているのかちっとも分からなかったけれど、指先を離せないのだ。あるいは、子宮をふつふつと湧かせる本能が、オトコへ尽くすことを望んでいたのかも知れない。真菜の白い指先が、前島の怒張をなぞり始めて、とっくに、5分は過ぎていた。
オナニーさせて絶頂のおかわり
アナル攻めで男優を快楽地獄に落としいれる
もし、仮に、他人の怒張を扱く姿に怒るのなら、とっくに降りてくるはずだ。今降りてくるのなら、たとえ、触っていたのが露骨に分かっていても、くっつけていただけだとウソをついてやるだけで、この夫婦は、心に傷を負わなくてすむ。ウソも、時には大事なことなのだ。それも、嫉妬でこんな小さなことなら、怒りに身を焦がす夫が、いや、後で納得するために必要なウソだった。小さなことであるからこそ、しかし、前島は、自分の「見立て」に自信を持っていた。あの電車の中で初めて見た、痴漢の指に気をやる真菜と出会った瞬間からの、痛烈なまでの予感だ。

 

乳首をコリコリと刺激するとプルプルと体を震わせながら快感を貪っていく

ミュウはしばらく、僕の膝の上で放心したように抹消完了の画面をみていた。七まるっきり元通りというわけにはいかなかったが、どうやら普通の日々がもどってきた。ミュウは、僕の記憶の中にある美鈴にときどき嫉妬した。そして、それとはまた別に、主の僕にむりやり奴隷と一人で考え込んでいる事もあった。以前の朗らかなミュウがもどりつつあるのも確かな事だったので、別れさせたという負い目もあるらしく、僕はあまり気にしていなかった。

オマンコに入ってしまう
だが、いう事は、ただ、こうやがて時間が解決してくれるものだ。夏バテのせいかミュウの体重がなかなかもどらなくて、それが一番僕を心配させた。ミュウはいつものつまらなそうな顔で僕に8月最後の週末、恒例の里帰りの日、「じゃあ行ってくるね」といった。「どうせ、一晩で帰ってくるじゃないか。明日は、また会えるよ」と、これも恒例の僕のセリフを言ってやるうん」ミュウは泣きそうな顔で僕にしがみつき、深いキスをねだった。しばらくそうやって、いつものように別れを惜しんだあと、ミュウはうしろを振り返りながらマンションのエレベーターへ消えていった。